« 東京スカイツリー「第一種接近遭遇」 ~ 後編 | トップページ | 久々の月島でもんじゃ焼き 「もん吉」 (後編) »

2011年9月26日 (月)

久々の月島でもんじゃ焼き 「もん吉」 (前編)

前回、スカイツリーと第一種接近遭遇したお話を書きましたが、実は続きがあるんです。
実はあの後僕たちは、月島へもんじゃ焼きを食べに行きました。

事前学習ゼロの状態で行ったため、いろいろと迷ったんですが、
結局、メインストリートからちょっと脇道に入ったところにある、

01_2

「もん吉」

というお店がとっても気になったので、そこへ突入。

02_2

午後2時を回っていたんですが、店内には結構お客さんが入ってる。
壁には例によってたくさんの色紙が飾ってあります。

おそらく人気店の一つなんじゃないかな。たぶん。。。

03_2

メニューも壁一面に、いや壁2面にわたるほと抱負。
もんじゃ焼きの他、お好み焼きや焼きそばなどもあります。

何にしようか全く見当がつかないまま、ふと別の壁を見ると、

04_2

俳優(それとも歌手?)の上地雄介(さん)の両脇にお店のベスト10が掲載されていました。

これって、初心者にはとっても助かる気配りです。
という訳で1品目は、迷わず人気第1位の、「もん吉スペシャル」をオーダー。

注文して1~2分で、もんじゃのタネが登場。

若い男性の定員さんから、

「ご自分で焼かれますか?」

って聞かれたので、

「いや、お願いしますっ!」

って答えるや否や、

「わかりました」

って言うと同時に、鉄板の上に具材とキャベツを別々に焼き始めました。

05_2

ちなみに、「もん吉スペシャル」の具材とは、

そば、豚肉、生エビ、生いか、切いか、タコ、帆立、桜えび、そしてコーン
スペシャルだけあって、具材も豪華です。
(その分値段も豪華なんですけどね)

06_2

店員さん、しばらく席を空け他のテーブルで仕事をしていましたが、またこちらへ戻ってきて、今度は「土手」を作り、汁を注ぎ始めました。

っていうか、正確に表現すると汁を注ぐ作業と土手を作る作業がほぼ同時並行。
見事なヘラさばき!
さすがプロ!

さらにしばらく席を空け、また戻ってくると今度は鉄板の上で素早くかき混ぜ出します。

07_2

このときのヘラさばきが、とってもリズミカルで早いっ。
上の写真、余りの高速ヘラさばきのため、ヘラが消えかかってしまってます。

この時、ヘラでキャベツとそばを細かく刻んでいるんですね。

素晴らしい!の一言です。

そして、あっという間に、1品目、「もん吉スペシャル」の完成です。

08

熱々のもんじゃを小さいヘラですくって、いや押しつけて食べます。

ウマイッ!

東京に出てきた頃、なんじゃこの食べ物は!
ドロドロで中途半端な食べ物!
ってちょっとコバカにしてた記憶があるんですが、今はそんなことはありません。

いろんな具材の旨味がブレンドされてて、とても美味しい。
東京の下町を代表する「もんじゃ焼き」は立派な食べ物です。

こんなことを考えながら、1品目、もん吉スペシャルをあっという間に完食!
次は何にしようかなぁ。

この続きは次回「後編」にて。
お楽しみに。

関連ランキング:もんじゃ焼き | 月島駅勝どき駅築地駅

|

« 東京スカイツリー「第一種接近遭遇」 ~ 後編 | トップページ | 久々の月島でもんじゃ焼き 「もん吉」 (後編) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ニコのよしだよ~^^
ひょえぇ・・・
7月にもんじゃ食べに行ったって書いたでしょ
偶然というかぁ
有名なお店なんでしょうね。
よしもこのお店で食べました^^
もちろん「もん吉スペシャル」食べました。
おいしかったぁ♥♥(o→ܫ←o)♫ღ

投稿: よし | 2011年9月27日 (火) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々の月島でもんじゃ焼き 「もん吉」 (前編):

« 東京スカイツリー「第一種接近遭遇」 ~ 後編 | トップページ | 久々の月島でもんじゃ焼き 「もん吉」 (後編) »