« 「新」新千歳空港がすごいことになってます | トップページ | 旭川でみそラーメンと言えば。。。「よし乃」 »

2011年10月22日 (土)

【続編】「新」新千歳空港がすごいことになっています。

前回、新千歳空港が今年7月にリニューアルしたという話題をお送りしました。

今回は、その続き、驚きの空間へと大変身を遂げた、4Fフロアと秘密の空間を案内します。

3Fグルメ・ワールドからエスカレーターにて登ると、そこは

「オアシス・パーク」

06

何がオアシスかっていうと、映画館あり、温泉あり、ゲームセンターありとくつろげる空間が充実しているんです。
まさに空港の「オアシス」

おそらく国内線と、国際線のハブ空港としての機能を考え、乗り継ぎの時間を楽しく過ごせるための施設を充実させたのでしょう。

ちなみに、温泉施設の脇には、

08

こんなお洒落な通路が。
外人さんにはウケそうな感じがしました。

ところで、3Fグルメワールドの奥には国際線ターミナルへと続く新たなフロアが広がっていました。

07

ロイズ チョコレートワールド
シュタイフ ネイチャーワールド
どらえもん わくわくスカイパーク

と続くんです。

ロイズ・チョコレートワールドは、ご存知北海道を代表するのチョコレートメーカーのひとつ。
チョコレート工場やチョコレートの歴史等いろいろと楽しめるのですが、こちらは今度またじっくり調査して、ばっちりレポートしたいと思います。

シュタイフ・ネイチャーワールドは、テディベアの生みの親として有名な、ドイツのヌイグルミメーカー「シュタイフ社」が提供する、アミューズメントパークです。

09

こちらも今回は中に入れませんでした。

中には、テディベア誕生物語の紹介、ぬいぐるみによるドイツの町並み再現、そしてオフィシャルショップ等いくつかのコーナーに別れているようです。

こちらも、機会があったら詳しくレポートしたいと思います。

そして、もっとも国際線ターミナルよりにあるのが、

10

どらえもん わくわくスカイパーク

ドラえもんだけで、こんなにスペースを使っていいのか(笑)、
ってくらい広いんです。

子供が喜びそうな遊具が揃う、「キッズゾーン」
有料アトラクション、「パークゾーン」
様々なキャラクターグッズが揃う、「ショップゾーン」

11

子供が遊んでいる間にちょっと休憩、「カフェゾーン」
ドラえもんと一緒にタイムマシンに乗って記念撮影ができる、「アミューズメントゾーン」
そして、ドラえもんに関するいろんな書籍が集められた、「ライブラリゾーン」

当然ドラえもんのコミックも全巻揃っています。
しかも、僕が見た限り、日本語、中国語、韓国語バージョンが揃ってました。

ドラえもんって、世界の人気者なんですね。

そろそろ、飛行機の時間が迫ってきました。
ここから先は、国際線ターミナルなんですが、時間の都合で今回はここで引き返します。
国際線ターミナルにも、いろんな施設がありそうです。

また機会があったら、探索してみたいと思います。

ねっ、新・新千歳空港はとんでもないことになってたでしょ?

|

« 「新」新千歳空港がすごいことになってます | トップページ | 旭川でみそラーメンと言えば。。。「よし乃」 »

VIVA!北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【続編】「新」新千歳空港がすごいことになっています。:

« 「新」新千歳空港がすごいことになってます | トップページ | 旭川でみそラーメンと言えば。。。「よし乃」 »