« 第10師団記念行事 ~ 後編 | トップページ | 第7師団創立記念行事より ~ 訓練展示編 »

2011年10月13日 (木)

第7師団創立記念行事より ~ 観閲行進編

前回告知したとおり、今回は第7師団総隊56周年・東千歳駐屯地創立57周年記念行事のレポートです。

実は、第7師団の記念行事に参加するのは3年連続でして、昨年、一昨年も詳しくレポートしています。
(昨年のレポートはこちら
(一昨年のレポートはこちら

師団の概要なども説明していますので、今回はそれらは省略して、観閲行進と訓練展示から特徴的な部分を抜き出してレポートしたいと思います。

7d01

ちなみに、いつもは5月下旬から6月初旬の頃に開催されるのですが、御承知の通り今年は東日本大震災の影響で春の開催は見送り。
一時期は中止も検討したのですが、やはり第7師団の式典は他の式典と比べて迫力満点だし、人気も高いということもあり、秋に延期としたのだそうです。

確かに、何といっても、90式戦車の行進は圧巻ですもんね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

観閲行進に先立ち、同じ千歳市にある航空自衛隊千歳基地から、中等練習機「T-4」2機が友情出演してくれました。

7d02

「T-4」(ティーフォー)とは、戦闘機パイロットを目指す隊員がプロペラ機の操縦訓練を終え、最初に練習するジェット機です。

亜音速で飛び、運動性能もよく、あの「ブルーインパルス」もこの「T-4」が使われています。

いよいよ、観閲行進の始まり、と思いきや、その前に散水が行われます。

7d03

除染車、水タンク車によって大量の水が撒かれるのですが、撒く前から十分路面はビショビショ。
ここまでやらなくても、これじゃ泥水がこっちに跳ねてくるんじゃないの、ってくらい思いっきり撒いてました。

で、やっと観閲行進がスタート。
今回は、実配備としては第7師団、もしくは北海道でしか見ることのできない装備品を中心にお届けします。

7d04

「87式自走高射機関砲(通称:87AW)」の4列縦隊です。
毎年言ってますが、陸上自衛隊が現在保有している装備品の中で、個人的に一番カッコイイと思う装備品です。

7d05

つづいて、「99式自走155mm榴弾砲(通称:99HSP)」が4列縦隊でやってきました。
これも87AWと同じく、第2師団(旭川)とここでしか見ることのできない装備品です。

7d06

やってきたのは、第7師団で唯一の普通科連隊「第11普通科連隊」です。
第7師団なのに第11普通科連隊って、ちょっと違和感がありますが、この話は一昨年の記事に書きましたので省略。

ちなみにこの車両は、全国でもここでしか見られない「89式装甲戦闘車」です。
戦車の小型版のようにも見えますが、車両後部は戦闘員を7名乗せることができるんです。
あと、先頭車両(写真右)の日章旗、これは連隊旗といって、この車に連隊長が乗っていますよって意味なんです。

7d07

こちらも第11普通科連隊のみに配備されている、96式自走120ミリ迫撃砲」です。
昨年は間違って「95式」って書いてしまいましたが、正しくは「96式」です。

ここ以外の部隊に配備されているのはけん引式や組み立て式。
これらは射撃までに2~3分かかるのに対し、こちらはいつでも打てるのが特徴です。

また迫撃砲部隊や特科部隊にとって、射撃後は敵の恰好の標的となってしまうため、「陣地変換」といってすぐさまその場から離れるのが原則です。
このように車載化されていれば、片づける時間が不要なため、打ち終わると同時に移動できるというメリットがあります。

7d08

最後はいつものように戦車部隊5列縦隊による行進です。

やっぱり、このシーンはいつ見ても圧巻です。

余談ですが、第7師団には戦車連隊が3つあるだけでなく、各連隊には5つの中隊があります。
なので、この5列縦隊の隊列は、手前から「1中隊」「2中隊」、一番奥が「5中隊」という訳なんです。
なるほど、納得です。

以上、観閲行進からいくつかのショットをお届けしました。

ちなみに、第7師団も今回の東日本大震災の災害派遣に参加しています。
岩手県釜石市や大槌町を始め、宮城県、福島県で、延べ8万3千名という隊員の方々が活躍しました。

本当にご苦労様でした、そしてありがとうございました。

そうそう、次回も第7師団の記念行事の話題ですので、お楽しみに。

|

« 第10師団記念行事 ~ 後編 | トップページ | 第7師団創立記念行事より ~ 訓練展示編 »

自衛隊訪問記」カテゴリの記事

コメント

30年前に8年間第7師団に在籍しました。在職間、この記念行事に参加しましたが、陸上自衛隊最大の式典だと思います。これを見ると他の駐屯地の行事が色あせてしまいます。現在の状況は分かりませんが、当時は観閲台の前は散水しますがその他の経路は未舗装、軌道車ばかりの行進はモウモウたる土埃で、全ての行程が終わって駐車場に帰ってきた時は人も車も真っ白の埃まみれでした。機会があれば見学者として行きたいものだと思います。因みに、30年前北方に勤務する陸上自衛隊員の50%は九州出身者でした。今は、聞けば殆ど地元調達だとか・・・転勤を命じられた時は泣きましたが、住めば都でした。

投稿: 九州自衛隊OB | 2011年10月15日 (土) 07時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第7師団創立記念行事より ~ 観閲行進編:

« 第10師団記念行事 ~ 後編 | トップページ | 第7師団創立記念行事より ~ 訓練展示編 »