« 第7師団創立記念行事より ~ 観閲行進編 | トップページ | 「新」新千歳空港がすごいことになってます »

2011年10月16日 (日)

第7師団創立記念行事より ~ 訓練展示編

前回に引き続き、第7師団総隊56周年・東千歳駐屯地創立57周年記念行事のレポートです。
今回は観閲行進に引き続いて行われた、訓練展示からいくつかのショットをお届けします。

戦闘訓練に先立ち、まず「90式戦車」の能力展示が行われました。

7d09

旋回しながらも、主砲は常に目標に睨みを利かせています。
睨まれている方はたまらないでしょうね(笑)。

続いては偵察ヘリ「OH-1」のアクロバット飛行。

7d10

なにっ、この角度!
この後、一瞬空中で静止した後、急降下します。
よく墜落しないなぁって、これもパイロットの腕なんでしょうね。
さすがの一言です。

7d11

右側の画は、「90式戦車回収車」が敵の攻撃によって戦闘不能となった(という想定の)「74式戦車」を牽引しようとしているところ。
この戦車回収車の下半分の車体部分は、90式戦車と同じなんだそうです。

お次は僕が好きな装備品、「87AW」の登場です。

7d15

敵のヘリが上空を旋回するのに合わせ、機関砲の銃口が上下左右に動きます。
今回は訓練展示なので実際には射撃は行いませんが、毎年富士で行われる「総合火力演習」では、実弾射撃を行います。

その模様をご覧になりたい方は、過去のブログ、富士総合火力演習2011 ~ その3」をどうぞ。

お次に登場するのは、これも90式戦車を保有する第7師団をはじめとする北海道でしか見ることのできない装備品です。
なんと、あの重い90式戦車が渡れる橋をたった2名の乗員で、しかも短時間で架けることができるんです。

7d12

しかもその長さ、20mもあるんです。
どうやって架けるのかというと、、、
映像だとわかりやすいんでしょうが、次のシーンをご覧ください。

7d13

わかりますか?
二つに折りたたまれた重そうな橋桁がビヨ~ンと伸びて空中に浮いたような状態になっているんです。
これって一見物理学的にみておかしいと感じませんか?
だって、何故前に倒れないのでしょう。

まるで、マイケルジャクソン「ゼロ・グラビティ(斜め立ち)」みたい(笑)。

7d14

最後は訓練展示も終盤、90式戦車の突入場面から。

後方で、99式HSPが一斉射撃しています。
いわゆる援護射撃っていうやつですね。

しかし、第7師団の式典は、観閲行進にしても訓練展示にしてもスケールが違い過ぎます。

来年も来れるかなぁ。
そしたら、4年連続でのレポートとなります。
ネタ的には切れてきそうですが、いい写真が撮れたらまた紹介したいと思います。
その時にはまたお付き合いくださいね。

|

« 第7師団創立記念行事より ~ 観閲行進編 | トップページ | 「新」新千歳空港がすごいことになってます »

自衛隊訪問記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第7師団創立記念行事より ~ 訓練展示編:

« 第7師団創立記念行事より ~ 観閲行進編 | トップページ | 「新」新千歳空港がすごいことになってます »