« いざ、対馬へ! | トップページ | 護衛艦初体験記 ~ 前編 »

2011年11月28日 (月)

海上自衛隊の防火訓練を見学

久しぶりに海上自衛隊の話題から。

長崎県佐世保市は昔から海軍の町として栄えてきました。
現在も、在日米海軍と海上自衛隊が佐世保港の大半を占めています。

01

今回、僕は海上自衛隊佐世保基地を見学させてもらいました。

佐世保基地は大きく4つの区域に分かれていて、その4つとは、

 平瀬地区:佐世保地方総監部等が所在するメイン地区

 立神地区:米軍の港の先っちょ部分で造修補給所と岸壁からなる

 崎辺地区:佐世保教育隊を中心とした教育機関

 干尽地区:音楽隊や衛生隊が所在

このうち僕は、崎辺地区と立神地区の2カ所を見学。
ところで、上の4つの地名の読み方わかりますか?
「ひらせ」、「たてがみ」は何となくわかりますよね。
「崎辺」は素直に「さきべ」と読みましょう。

残りは「干尽」。
僕は最初「せんじん」かなって思ったんだけど最初の文字は「千」ではなく「干」
そう、洗濯物を干すの「干」なんです。
で、読み方は「ひづくし」と読むのだそうです。
「ニホンゴッテ、ムズカシーデスネー」

くだらないオチがついた所で本題に戻ります。

まずは、崎辺地区へ行った僕たちを待っていたのは、こんな施設。

01_3

何やらどデカイ配管がやたら不気味な建物です。

これ、海上自衛隊佐世保教育隊が所有する「防火訓練装置」
こんなに大きくても、施設じゃなく装置なのが面白いですよね。

つまり、艦艇で起こった火災に対し、適切に対処し消火活動ができるよう練成する訓練場なんです。

さっそく中へ入ると、実際教育生たちが防火訓練を始める所でした。

02_3

上の写真中央の丸いところは、この中で火災を起こし消火活動の基本を教えるための施設です。

先程建物の外側にあったでっかい配管は、排煙設備と浄化設備だったんですね。
納得。

と、今回の舞台はここではなく、左奥の別の部屋。
船の機関室を模擬した施設です。

04_3

このように、部屋の中は激しい火災でとても人が入れるような状態ではありません。
ところが、いざ火事となると隊員たちはこういう火災を食い止めなければならないのです。

そのために、消火活動は10人くらいのチームプレイで行うことになります。

05_3

このように、2本のホースを使って消火活動にあたります。
1本は当然放水用のもの、そしてもう1本は再前方で消火している隊員たちにかけるシャワーの役割を持っています。
お互いが声をかけあいながら消火にあたり、中の火は無事に消し止められました。
思わず拍手です。

06_2

こちらは、モニター室。
火災を発生させたり、中の様子をモニターしたり、何かの場合には即座に中止したりと全ての操作をここで行います。

いやぁ、貴重な展示を見せていただきました。

ところで、艦船にとって危険なのは火災だけではありません。
敵の魚雷攻撃等による浸水も致命的となります。

07_2

防火訓練装置のすぐ近くにあるこちらの建物は、「防水訓練装置」です。

08_2

このように、壁の一部に砲弾が貫通した跡があります。
訓練では、この穴から水が勢いよく噴き出してくるんだと思います。
この水圧に耐えながら、チームで協力して浸水を食い止めるのだと思います。

「思います」を連発したのは、今回実際に訓練の様子を見ることができなかったからです。
なので、教官の方に、

「どうやって浸水を止めるんですか?」

って聞いたら、

「木材(角材)を使うんですよ」

って言われたんだけど、さっぱりわかりません。

やっぱり、実際に訓練の様子を見せてもらうしかないようですね。

またもしどこかで防水訓練を見学させていただく機会があったら報告しますね。
それまでお楽しみに。

|

« いざ、対馬へ! | トップページ | 護衛艦初体験記 ~ 前編 »

自衛隊訪問記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海上自衛隊の防火訓練を見学:

» ケノーベルからリンクのご案内(2011/11/28 09:13) [ケノーベル エージェント]
佐世保市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2011年11月28日 (月) 09時13分

« いざ、対馬へ! | トップページ | 護衛艦初体験記 ~ 前編 »