« 帝国ホテルでの披露宴より ~ 後編 | トップページ | 謹賀新年 »

2011年12月31日 (土)

陸上自衛隊国分駐屯地

今回(といっても1ヵ月程前になりますが...)訪問した陸上自衛隊の駐屯地は、鹿児島県霧島市にある、

陸上自衛隊国分駐屯地

です。
01

かつては国分市と呼ばれていたこの辺り、平成17年に1市6町が合併してできた新しい自治体です。

いわゆる「平成の大合併」というやつですね。

ちなみに、1市6町とは、
国分市
溝辺町
横川町
牧園町
霧島町
隼人町
福山町

です。

国分市が「市」だけあって人口は一番多く、合併当時の人口12万8千人中5万5千人。
一方、霧島町は約6千人。
なのに、合併後の名称は「霧島市」。
なんだか不思議な気もしますが、霧島市のサイトによると、当時新しい市の名前を公募したところ3887件の名前が寄せられ、「霧島市」、「きりしま市」、「南九州市」の3件が残ったとのこと。
この時点で「国分市」が候補から消えてしまっているのが面白いですね。
で、その中から全国的な知名度、地域イメージなどを考慮して最終的に「霧島市」決定したのだそうです。

で、霧島市役所は旧国分市の市役所が使われているのだそうです。
今はもう地元の住民も馴れたでしょうが、当時は国分市に霧島市役所って違和感あったんじゃないでしょうか。

霧島市の話はこれくらいにしておきましょう。
02

11月末の鹿児島はちょうど紅葉の真っ盛り。
駐屯地の中もいろんな色に染まった木々が綺麗でした。

04

とはいえ、さすがに南国だけあって、敷地のあちこちにはこのようなソテツの木が植えられていたり、、、

05

なんと、ハイビスカスまで咲いているではないですか。
こんな時期でもハイビスカスって咲くんですね。

木枯らし吹く、肌寒い季節にハイビスカスって何だか違和感ありません?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

国分駐屯地に所在する主要部隊は、

第12普通科連隊

です。

03

鹿児島県のほぼ真ん中に位置するこの12連隊は、鹿児島県の全域を警備担当区域としています。
つまりどういうことかというと、九州本土だけでなく種子島、屋久島、奄美大島そして与論島まで、たくさんの離島を抱えているってことなんです。

さらに、鹿児島県には現在も活発に活動を続けている火山を2つも持っています。
そのひとつがこちら。

06

駐屯地から見て北東の方向、一番奥の雲をかぶったところが「新燃岳」です。
今年1月に大噴火を起こし、現在も定期的(?)に噴煙を吹きだしているそうです。

ちなみにこの写真、連隊本部庁舎の屋上から撮ったものです。
連隊長、ありがとうございました。

07

そして駐屯地から見て南西の方向、レンジャー訓練塔の後ろにそびえているのが「桜島」です。
こちらも頭に雲の帽子をかぶっていたため、上の部分が見えず残念です。

桜島の方が若干近いような気もしますが、どちらも50km以内にあって風の方向によっては、かなりの火山灰が降ってくるそうです。

09

したがって、駐屯地内にはこのような立派な洗車場がありました。

第12普通科連隊って、実は他の連隊と比べてかなり特殊性のある部隊なんですね。

最後は記念館より。

10

12

他の駐屯地にある記念館も同じなんだと思いますが、これらの遺留品はほとんどが寄贈によるもの。
痛まないようにするためには結構お金もかかるそうなんですが、そのための予算はほとんどゼロ。
駐屯地司令(=連隊長)も、これにはかなりの御苦労をされているんだとか。

事業仕分けや予算削減も結構ですが、こういうところには多少の配慮をお願いしたいところです。
そう思いませんか?政治家のみなさん。

|

« 帝国ホテルでの披露宴より ~ 後編 | トップページ | 謹賀新年 »

自衛隊訪問記」カテゴリの記事

コメント

懐かしいですね。平成二年四月に国分駐屯地の第113教育大隊に入隊した物です。三ヶ月の前期教育受けて、留萌の行きました。
今は、ドミニカ共和国に帰っています。
その当時の同期がいましたら、メールださい。
ドミニカの日高です。

投稿: fco 日高 | 2012年1月 6日 (金) 09時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陸上自衛隊国分駐屯地:

« 帝国ホテルでの披露宴より ~ 後編 | トップページ | 謹賀新年 »