« レゴで遊ぼう!2012春④ | トップページ | レゴで遊ぼう!2012春⑤ »

2012年3月15日 (木)

花山うどん ~ 館林はうどんの町!?

仕事で、群馬県館林というところへ行ってきました。

館林へは東武伊勢崎線という私鉄を使っていきます。
浅草からだと、本数は多くありませんが特急「りょうもう号」が出ていて、約1時間で行くことができます。

以前ここ館林を訪れた時、駅前に立派な店構えのうどんやさんがあったのを思い出し、今回はそこで昼食をとることにしました。

01

「花山うどん」というお店です。

純和風造りのわりと大きな建物は、左側がショップ、右側が食堂になっています。
店内は意外に広くて、40~50名くらいは座れるのではないでしょうか。

ちょっとした団体客にも対応できるよう、広めなんでしょうね。

02

さっそく店内へ入ろうとしたのですが、お店の右手に何やら黄色い旗が目に留まりました。
なんだろうと思って、よく見てみると、
03

「文福茶釜の釜玉うどん」と書かれています。

文福茶釜って、狸が出てくる童話ですよね。
詳しいストーリーは忘れてしまいましたが、たしか助けてもらったタヌキが恩返しに茶釜に化ける話だったんじゃないでしょうか。

実は、文福茶釜の話は館林が発祥とも言われているんです。
館林市内にある「茂林寺(もりんじ)」がルーツなんだそうで、昔この寺に仕えた僧侶の話がベースになっているとのこと。

ちなみに、館林市の観光マスコットは、「ぽんちゃん」という茶釜をまとった可愛らしい狸がキャラクターなんですよ。
(ぽんちゃんに興味を持った方は、上の「ぽんちゃん」をクリック!)

文福茶釜の詳しい話は、いつか「茂林寺」へ行った時のためにとっておいて、とっとと注文しましょう。

先程ののぼりにあった「文福茶釜の釜玉うどん」というのは、メニューの名前でした。
狸をかたどった器にうどんが出てくるそうなのですが、今回は初めてということもあり、オーソドックスな温かいうどんにしました。
とはいえ、かけうどんではなく、名前にちょっぴり惹かれて、

「花かつお みぞれうどん」(750円)

を注文。

しばらくして出てきたのがこちらです。

04

花かつおと大根おろしがふんだんに盛られています。
かつお節からは、とってもいい香りが漂ってきます。

群馬と言えば、もろ関東。
でも関東の割にはスープが透き通っています。
ふつう関東風といえばもっと色が濃いと思うのですが、関西風とまではいかないまでも、このように透き通ったスープは珍しいんじゃないでしょうか。

九州出身の僕にとって、透明系のスープは大歓迎!
ちょっと期待しちゃいます。

あともうひとつ意外なのが、「ネギ」
いわゆる「長ネギ」ではなく、細い万能ネギを使っています。
しかもふんだんに。
これも関西以西の人間にはありがたいチョイス。
色どりが加わり、見ただけでおいしそう。

実際、スープを飲んでびっくり。
醤油の濃さはそれほど感じません。
むしろ、これでもかというくらい鰹ダシが効いています。

最初、花かつおの効果かなって思ったんですが、あとで調べてそれだけじゃないってことが判明。
実は、スープに使っている醤油。
地元館林市にある「正田醤油」というメーカーの「土佐しょうゆ」というブランドの醤油を使用しているから。

何で館林なのに「土佐」なのかというと、オリジナルの醤油に鰹節とみりんをブレンドしていて、「鰹」=「高知」=「土佐」ということらしいです。
うどんやそばのダシとしてとても合う醤油なのだとか。

スープの話が長すぎて、麺がのびてしまいそうなので、麺をいただきます。

05

太さはオーソドックスな中太麺。
コシもそこそこあって硬すぎず柔らかすぎず、喉ごしもいい感じにまとまってます。

その日の気温、湿度に気を配って、塩加減、水加減、熟成時間を変えているんだとか。
この日は4人でお店に入ったんですが、創業110余年の伝統が受け継がれたうどんは、全員一致で「美味い」の一言でした。

先程の旗(のぼり)にも書いてありましたが、館林は「めんのまち」として街おこしを行っていて、特産品のひとつとしてうどんにも力を入れているようです。

毎年、「麺-1グランプリ in 館林」というイベントが開催されているそうですが、「花山うどん」は昨年の大会で57店舗中第2位(準グランプリ)を獲得したそうです。

讃岐うどんや水沢うどんと比べるとそこまで有名ではない館林うどんですが、関東では珍しいダシの効いたあっさり系うどん、僕はとっても気に入りました。

また来る機会があると思うので、次はのぼりにあった「文福茶釜の釜玉うどん」をいただいてみたいと思います。
そしたらまたレポートしますので、お楽しみに。

|

« レゴで遊ぼう!2012春④ | トップページ | レゴで遊ぼう!2012春⑤ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花山うどん ~ 館林はうどんの町!?:

« レゴで遊ぼう!2012春④ | トップページ | レゴで遊ぼう!2012春⑤ »