« 絶品!水炊きをいただきます ~ 山祇屋 | トップページ | レゴで遊ぼう!2012春④ »

2012年3月 7日 (水)

博多ラーメン 「一幸舎」

博多といえば、水炊き。。。
失礼、それは、前回のネタ。
じゃなくて、やっぱラーメンでしょう。

とんこつラーメン = 博多ラーメン
鉄板ですよね。

全国的にも有名なお店はたくさんありますが、今回はあまり時間がなく、博多駅近辺で済まそうということでいろいろと探していたら、博多デイトスという駅ビルの一角に、

「博多めん街道」

なるスペースを発見。

なんでも、ラーメンだけでなく、うどん、そば、焼きそばにちゃんぽん、さらにはスパゲッティまで。
ドレッシングでも有名な「ピエトロ」って、福岡が本拠地だって知ってました?

それはともかく、ここ「博多めん街道」には九州で食べられる幅広いジャンルの麺類が集結!なんです。

でも今回は、博多ラーメンが目当て。
全部で12軒のお店があるらしいのですが、街道の入り口で若くてかわいいお姉さんが呼び込みをしているのに、つい足を止めてしまいます。
01

博多「一幸舎」

ネットによると、そこそこのランキングには入っているみたい。

奥のお店も見てみたいと思ったんですが、
03

先程のお姉さんにこのサービス券を渡されてしまい、簡単にノックアウト。

さっそく、ベーシックな一幸舎ラーメン(650円)のチケットを入口の券売機で購入し、お店の中へ。

02

店内はとても明るく、店員さんも10名程度と多め。
(チョーピンボケですんません)
さらには全員が若いスタッフで、とても元気がいい。
大きい声があちらこちらで飛び交っていました。

先程もらった唐揚げのサービス券とチケットを渡し、待つこと約10分。

04

これが、ベーシックな一幸舎ラーメンです。

見た目はかなり濃厚そうな豚骨スープです。
一幸舎のサイトによると、九州産の豚骨を使い、骨とスープのバランスを細かく調整しながら、オリジナルの味を保っているんだとか。

また、ダシにも特徴があります。
僕が食べた感じでは、昆布ダシが効いてるなぁって感じたんですが、サイトの説明によると、地元産3種類の醤油の他に、魚貝数種類をブレンドして作ったオリジナルで、コクと旨味を引き出しているそうです。

たしかに、とてもインパクトのあるスープです。
最初から濃いめの味なので最後はどうなるかと思ったけど、旨味が効いてるせいか、意外と最後まで美味しくいただけました。

06

一方、麺のほうは、博多ラーメンの王道をいく、細めのストレート麺。
細めでありながら、意外ともっちり感がありました。

「慶史」という自社製麺所を立ち上げるだけあって、麺にも自信があるのでしょう。
市内の他のお店にも提供しているそうです。

ひと口、ふた口食べた所で、サービスの唐揚げが登場。

05

揚げたての唐揚げはそのまま食べても美味しいのでしょうが。。。

07

えーい!思い切って入れちゃえ!
てな感じで、丼の中央に乗せちゃいます。

これ、個人的にはアリだと思いますよ。
実際美味しかったし。。。

08

博多ラーメンの醍醐味は替え玉にあるんだけど、最近昼飯は控えめにしてるので、今回は断念。
その代わり、唐揚げと麺を3分の1くらい食べたところで、辛子高菜炒めと白ゴマを投入!
すると先程とは違った辛味の効いたアクセントのあるスープに変身。
(粒ニンニクもあったんですが、さすがにヤメときました)

いわゆる、「一粒で二度美味しい」状態?

地元の人気がどれくらいかは知りませんが、ここ最近福岡ではかなりのチェーンを展開している「一幸舎」。
九州出身の僕にとって、やっぱりとんこつラーメン最高!

博多にはまだまだ美味しいラーメン屋がたくさんあります。
そのうち、また機会があったらレポートしますのでお楽しみに。

関連ランキング:ラーメン | 博多駅祇園駅東比恵駅

|

« 絶品!水炊きをいただきます ~ 山祇屋 | トップページ | レゴで遊ぼう!2012春④ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 博多ラーメン 「一幸舎」:

« 絶品!水炊きをいただきます ~ 山祇屋 | トップページ | レゴで遊ぼう!2012春④ »