« 青森から北海道へJRの旅 ~ その2 | トップページ | ロイズチョコレートワールドのお土産 »

2012年6月30日 (土)

青森から北海道へJRの旅 ~ その3

その2の続き)

前回は函館駅で「特急 北斗」に乗り換え、函館を出発したところまでをお伝えしました。
大沼公園駅でたくさんの中国人観光客が乗り込んできて、車内が異国状態になってしまった後はどうなったのでしょう。

僕はここで中国人観光客に取り囲まれてしまった訳ですが、彼らを見ていてひとつだけ不思議な点がありました。
彼らは旅行客であるはずなのに、大きな荷物を一切持っていません。
せいぜいリュックくらい。
あと、ほぼ全員が日本製のカメラ(CANONが多かったような。。。)を手に持っていました。

僕と同様車窓をパシパシ撮りまくってて、他の日本人乗客からは僕も彼らの一味(?)と間違われるんじゃないかってちょっと不安になってしまいました。

そんないらぬ心配をしていると、やがて列車は長万部駅に到着。
何と、先程の中国人観光客らはここで全員下車したんです。

なるほど、彼らはきっと函館本線に乗り換え、羊蹄山でも見物にいくんだな。

そういえば十数年前に僕も函館に行った時、あの後倶知安に移動したのを思い出しました。
ここ長万部からは在来線になるため速度は遅くなる代わりに、その分美しい景色を堪能できるんです。
特に倶知安のあたりは羊蹄山の麓を走るんですが、蝦夷富士と呼ばれる羊蹄山の美しさに感動したのを思い出しました。

いずれにしても、これでまた「北斗」は日本を取り戻すことができました。
僕はこのまま海沿いを走り、千歳を目指します。

列車は内浦湾沿いを走ります。

さて、洞爺駅を過ぎた辺りで左側を見ると、何だか見覚えのある山が見えてきました。

14_2

中央奥に見えるのが有珠山
そしてその右側にちょこんと角を出しているように見えるのが昭和新山です。

そう、約1年半前に行ったのでまだ記憶に新しい景色なんです。
ロープウェイで有珠山に上ると、ここがまだバリバリの活火山だってのがよくわかりました。

昭和新山も平らな土地に突如できた山でした。
そういえば熊牧場にも行ったなぁ。
いろいろと思い出します。

洞爺湖畔にあるレークヒル・ファームで食べたアイスは美味しかったなぁ。
(「有珠山」「昭和新山」「熊牧場」「レークヒルファーム」をクリックで当時の記事にジャンプ)

当時の思い出に浸っている間に、車窓は大自然から近代的な景色に変わってきました。

15

変わった形の「塔」が見えます。
これは石油コンビナートでしょうか。
そう、室蘭に入ってきたんです。

北海道を代表する工業地域。
特に室蘭は「日本四大工場夜景」のひとつとも言われており、「室蘭工場夜景バスツアー」なるものまであるそうです。
商魂たくましいって言うか、でもちょっと興味をそそられたりして。。。

ちなみに列車は終着駅である室蘭駅には行きません。
手前の東室蘭に停車すると、すぐに発車。

16

そして再び、北海道らしいのどかな風景が広がってきます。
このあたりは白老から社台あたり。
競馬ファンなら「社台ファーム」って聞いて知らない人はいませんよね。
数多くの名馬を排出している名門クラブです。
ただし、社台ファームは社台じゃなくて千歳にあるんですけどね。。。

そして、列車は再び工業地域へ。

17

苫小牧です。

苫小牧も室蘭と並んで北海道を代表する工業地域です。
室蘭は石油精製や製鉄関係の工場が多いのに対し、苫小牧は製紙・パルプ関連の工場が中心。
いずれも太平洋に面していて、本州、特に関東圏との航路が確保されているというのが発達した要因のひとつなのでしょうね。

さて、苫小牧を過ぎると室蘭本線から千歳線へと入り、いよいよ乗り換え駅の南千歳はすぐそこです。

17:01、函館を出て3時間で南千歳駅に到着。

18

ここから最終ゴールの千歳駅はひとつ先。
実は南千歳駅の周りはほとんど何もありません。
強いて言えばアウトレットモールくらい。
千歳駅が千歳市の中心だし、特急が止まるのは南千歳じゃなくて千歳ほうじゃないのって思いたくなってしまいます。

19

いわゆるワンマン電車ってやつ。
整理券と運賃箱。
関東では一昔前のバスでしか見ることのできない、懐かしい車内の光景です。

乗換時間は2分。
わざと接続を合わせているのか、17:04に発車。

20

ひと駅4分なので、17:07に今回の最終目的地、千歳駅に到着です。
青森駅を11:50に出発して5時間と17分。
長いと言えば長い移動時間ですが、それでもいろいろな経験ができたし、終わってみればあっという間だったような気もするし、とても充実したJRの旅でした。

で、このあと何をしたかって?
それはご想像におまかせします。。。

|

« 青森から北海道へJRの旅 ~ その2 | トップページ | ロイズチョコレートワールドのお土産 »

旅行・地域」カテゴリの記事

VIVA!北海道」カテゴリの記事

コメント

室蘭市民は脱税総理を輩出したことを恥じるべき。

投稿: いきものがかり | 2012年6月30日 (土) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青森から北海道へJRの旅 ~ その3:

« 青森から北海道へJRの旅 ~ その2 | トップページ | ロイズチョコレートワールドのお土産 »