« 益子参考館② ~ 土祭2012より | トップページ | 森のレストラン(前編) ~ 土祭2012より »

2012年9月30日 (日)

一蘭 ~ やっと食べるチャンスがやってきた

一蘭といえば、もうすっかり全国的に有名になりましたが、博多とんこつラーメンの中でも今最も人気があるといっていいのではないでしょうか。

すでに東京にも進出していて、現在は全国に38店舗を数える一大チェーンです。

ところが、僕はいまだ一蘭未体験で、今回やっと食べるチャンスが巡ってきたんです。

01


一覧は福岡発祥のとんこつラーメン一筋の店。
ならば初体験はやはり福岡でないとね。
ってことで、今回入ったお店は「博多店」
博多駅からサンプラザ地下街を抜けて福岡センタービルの地下2階にあります。

ほんとは中州にある「一覧本社総本店」に行きたかったんですが、乗り換えの時間の都合でそちらではなく、博多駅に近いこちらを選んだのです。

さて、噂では知ってましたが、「一蘭」のシステムはかなり凝ってます。
暖簾をくぐるとまず券売機でメニューを選びます。

02

メニューといっても、とんこつラーメンのみ。
あとはトッピングやごはんといったボタンです。

チケットを買うと、次は空席案内板を確認して奥へと進みます。
この場所からは店内は一切見えません。

廊下の先の暖簾をくぐると、

03

このように大きな数字が書かれたボックスカウンターが並んでいます。
店員さんの姿はひとりも見えません。

この一人ひとり間仕切りで仕切られた空間、「味集中カウンター」が一蘭の最大の特徴といってもいいでしょう。

04

ボックス席に座ると簾の奥から店員さんがチケットを取りに来てくれます。
席においてあるチェックシートに麺の硬さやこってり度、にんにく、ねぎの量といった各項目を記入し、チケットと一緒に渡します。
今回僕は初めてということで、とりあえず基本形で行くことにしました。

いくつか説明が終わり、しばらく待っていると、お目当てのラーメンが登場となります。

05

これが自慢の天然とんこつラーメンなんですね。
真ん中の赤いもの、これが秘伝のタレなんだとか。
唐辛子をベースに30種類以上の材料を調合してあるそうです。

最初はこのタレを混ぜずに食べます。
スープはさすがにとんこつ。
なかなかのこってり感です。
でも全然しつこくありません。

続いて麺をいただきます。

06

とんこつにはやっぱり細めのストレート麺ですよね。
スープをしっかり絡めとるしなやかな麺だと思います。

そして、秘伝のタレを混ぜることでまたちょっと違った味に変わります。

スープは最後までおいしく飲むことができました。
スープを残す人って結構多いと思いますが、一蘭のスープは独自の技法により悪玉コレステロールの原因といわれているトランス脂肪酸がゼロ、しかも天然コラーゲンがたっぷり浸み込んでいるんだとか。

徹底的にアクを取り除いているらしく、本当に最後までおいしく頂くことができました。

07

スープを飲み干すと、このような文字が見えてきました。
なかなか最後まで楽しませてくれるパフォーマンスじゃないですか。
この黒い器、僕も欲しくなってきました。

うんうん、一蘭がこれだけ人気なのが何となくわかったような気がしました。

関東圏にも12店舗あるらしいので、今度はそちらの一蘭も行ってみます。
次回は麺かため、辛さ最大でチャレンジしてみようと思います。


関連ランキング:ラーメン | 博多駅祇園駅

|

« 益子参考館② ~ 土祭2012より | トップページ | 森のレストラン(前編) ~ 土祭2012より »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118319/55660885

この記事へのトラックバック一覧です: 一蘭 ~ やっと食べるチャンスがやってきた:

« 益子参考館② ~ 土祭2012より | トップページ | 森のレストラン(前編) ~ 土祭2012より »