« 三郷サマーフェスタ花火大会~自宅ベランダより | トップページ | 伊東マリンタウン ~ 遊覧編 »

2012年9月 3日 (月)

伊東マリンタウン ~ 休憩編

こないだの土日、職場旅行で伊豆に行ってきました。

1日目はゴルフ組と釣り組に分かれての行動、2日目はみんなで「伊東マリンタウン」へ。

01

この「伊東マリンタウン」は伊東市の海岸線を走る国道135号線沿いにある道の駅。
道の駅といっても、単なる休憩所ではなく、いろんな施設があってなかなか楽しめるところなんです。

トイレや休憩所、売店や飲食店といった道の駅としての機能はもちろんのこと、温泉や遊覧船など観光スポットとしての機能もあり、なかなか楽しめるスポットなんです。

02

海側はこんな感じ。
ウッドデッキの先はマリーナになっていて、たくさんのクルーザーが停泊していました。

03

マリーナの一画にはこのような陸置ヤードもあって、ちょうど僕の船が陸揚げされるところでした。

・・・・・・ って、そんな訳ないってば。
とてもそんな、自分のクルーザーを持てるような身分じゃございません。
ゴメンナサイ。

ちなみに、マリーナの利用料金を調べて見ましたが、年間使用料は初年度で約200万円から400万円、2年目からは約100万円から200万円だって。
宝くじにでも当たらない限り、無理に決まってるってば。

そんな夢にさえ出てこないような話は置いといて、本題に戻ります。

伊東マリンタウンは2001年にオープン、翌2002年に道の駅に登録。
カラフルな建物は3つに分かれていて、伊豆の特産品やレストラン街からなる「オーシャンバザール」、海を見ながら天然温泉を満喫できる「シーサイドスパ」、伊東の魅力を海から楽しむ観光遊覧船や、マリーナを見下ろすカフェがある「ポートセンター」と、それぞれに個性あふれるスポットを兼ね備えた複合型観光施設なんだとか。

04

あと3年前にオープンした足湯、「あったまりーな」は、関東でも最大級の屋外足湯施設なんだそうです。
海を見ながら足湯に浸れる人気のスポットです。

最後に、数あるショップの中からアイスクリームのお店を紹介。

シーサイドスパの1階にある、その名も、

「海を見ながら食べると幸せになれるアイス」

これ、お店の名前です。

そして面白いのは注文方法。

ステップ1。
ベースとなるアイスを選びます。
選べるアイスは「バニラ」と「ヨーグルト」の2種類。

ステップ2。
様々な果物や木の実など、30種類以上ある素材から3種類までの素材を選びます。

ステップ3。
選んだアイスと素材をグイーンとミキシング。

出来上がったのは自分だけのオリジナルアイスってわけ。

05

今回僕が注文したのはこちら。
ベースはバニラ。
そしてチョイスしたのは、紫芋、カボチャ、黒ゴマ。

えっ?って感じかもしれませんが、これがまたメチャメチャうまい。

06

甘さも抑えられてるし、何よりも健康的じゃないですか。

ただし、あまり無茶な組み合わせだとお店の人からイエローカード(実際はアドバイスですけど)が出るので注意が必要です。。。

さて、次回はポートセンターから駿河湾を巡る遊覧船の話題をお届けします。
お楽しみに。

|

« 三郷サマーフェスタ花火大会~自宅ベランダより | トップページ | 伊東マリンタウン ~ 遊覧編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊東マリンタウン ~ 休憩編:

« 三郷サマーフェスタ花火大会~自宅ベランダより | トップページ | 伊東マリンタウン ~ 遊覧編 »