« ソラマチ・摩天楼で豪華ディナー(前編) | トップページ | 雨の三島大社? »

2012年10月21日 (日)

ソラマチ・摩天楼で豪華ディナー(後編)

(前編からの続きです)

東京ソラマチ31階にある鉄板焼きのお店、「摩天楼」での食事の続きをレポート。

うに、あわびと海産物が続いて、そろそろメインの肉かなと思いきや、次にやってきたのは、なんと、

07_2

「伊勢えびの鉄板焼」でした。

08_3

伊勢えびが一人一尾ずつ。
もちろんプリップリのアッツアツ。
美味いに決まってるじゃないですか。

ここまで海の幸系で攻めてきますか。
これはもう、まるで、

「魚介類の優勝パレードやぁ~っ!!」
(by Chimmoo)

ところで、今回僕らの席は団体客ということでテーブル席だったんですが、店のセンターにはカウンター席があります。

12

そのカウンターの向こうは大きななオープンキッチンになっていて、目の前の巨大な鉄板で様々な食材を焼いて出してくれるんです。

カウンター席だと、目と耳と鼻で鉄板焼の醍醐味を味わうことができるんです。
2、3人なら絶対カウンター席ですよね。

料理に話を戻しましょう。

伊勢えびがサブメインだとすれば、メイン料理は肉でしょう。
と、その前に、こんなものが登場してきました。

09_2

上に乗っかってる黒い粒々、そしてその下の見たこともないような食材。

これは、まさかの。。。そう、

「フォアグラの鉄板焼」
キャビアを乗せて、自家製のバルサミコソースで

なんと、世界三大珍味のうち2つが一緒に出てきますか。
ねっ、彦摩呂さんっ!
なんという贅沢。
これはもう、口に入れた瞬間、

「口の中が宝石箱やぁ~!」
(by 彦摩呂さん)

そしていよいよ本日のメインイベント、ステーキの登場です。

10_2

「厳選黒毛和牛サーロインステーキ」

材料の牛肉は、「いわて牛」

だと思います。
だって、店の入り口に看板があったから。

ここ摩天楼は、今年の8月、「いわて牛普及推進協議会」の取扱推奨店に登録されました。入り口にあった看板は、その認定証のようなものなんでしょうね。

外側はしっかり焦げ目をつけて、でも中はミディアムレアです。

美味いのは当たり前、とにかくめっちゃ柔らかい。
量は少なめ、たぶん100gくらいだと思うけどこれで十分です。
いろいろ食べたしね。

ちなみに、あとでネットで調べてみたところ、サーロイン100gで3千円くらいでした。
高っ!

さて、〆のご飯とお椀で仕上げた後は、デザートの登場です。
運ばれてきたのがこちら。

11

いやいや、ここに来てデザート2品ですか。

はっきりいってムリ。
メロンだけいただきます。

でもちょっとアイスのほうも味見を。。。
おっ、あんまり甘くなくて美味しいじゃん。
下のフラッペの方は。。。
こちらもあっさりしててイケる。。。
鉄板焼の後にこういう冷たい系のデザートって合うんだね。

でもって。。。

あ~あ、全部食べちゃったよ。

彦摩呂さん、これじゃ確実にデブの道まっしぐらですよ。

とっても大満足ですけどね。。。

東京の夜景、世界の美味しい食材。
素材の良さをそのまま引き出す鉄板焼。
東京の新しいスポット、ソラマチで。


「摩天楼」、ただの鉄板焼の店ではありません。
これはまさに、

「鉄板焼のIT革命や~!」
(by chimmoo & かなりパクリぎみ m(_ _)m

|

« ソラマチ・摩天楼で豪華ディナー(前編) | トップページ | 雨の三島大社? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118319/55723468

この記事へのトラックバック一覧です: ソラマチ・摩天楼で豪華ディナー(後編):

« ソラマチ・摩天楼で豪華ディナー(前編) | トップページ | 雨の三島大社? »