« 一蘭 ~ やっと食べるチャンスがやってきた | トップページ | 森のレストラン(後編) ~ 土祭2012より »

2012年10月 3日 (水)

森のレストラン(前編) ~ 土祭2012より

ちょっと前の記事で、益子参考館の話を書きました。

その続きのお話をします。

益子参考館を出たのは11時半くらい。
お昼にはちょっと早いかなとも思ったけど、混む前にどこかで昼食をとったほうがいいかなということで、ランチタイムへ突入です。

妻が事前に雑誌か何かで見つけていたのか、どうしても行きたい店があるとのこと。
早速車で向かいます。

参考館でもらった益子ガイドマップを頼りに進むのですが、車は人里はなれた山奥へどんどん入っていきます。
やがて車1台分の幅しかない狭い道路となり、さらに舗装も無いデコボコ道へ。
こんなところに本当にレストランがあるの?
って疑い始めたところで、いきなり広い駐車スペースが現れました。

しかも結構車が止まってる。
こんな人里離れた山奥なのに、人気の店なんだ。

02

駐車場からお店へ行く途中には2台の窯がありました。
パンとかピザとかを焼くのでしょうか?

やがて、目の前に大きな建物が出現!

01

レストランというよりは、ペンションみたい。

さっそく外階段から玄関へと向かいましょう。

10

「益子 森のレストラン」

直球勝負の名前です。
確かに森の中に突然現れたレストランですよ。
っていうか、もうちょっとひねってもよかったんじゃ。。。

ただ、ちょっと気になるのはその下に書いてある、
「益子の茶屋 3号店」の文字。

実はこのレストラン。
益子でも大手の窯元「よこやま」が経営するレストランで、益子町内に3つの飲食店を経営しているんです。

お昼前に行ったのにすでに満席状態。
順番待ちシートに名前を記入し、とりあえず待合スペースへ。

03

待合室に何気に置かれているオブジェが可愛らしい、なかなかセンスがいいなって感じました。

メニューを見ながら、約15分程待ったところで僕らの名前が呼ばれました。
建物の中は大小4つほどの部屋に分かれていて、僕らが通された部屋はテーブル席5つほど。
テーブルと椅子が全て違ってました。
北欧調というか、なんとなくお洒落です。

このお店のいちばんの特徴は、オードブルがビュッフェスタイルになっているということ。04

10数種類ある大皿料理の中から好きなものを好きなだけ頂くことができるんです。

オードブルといっても、サラダ、マリネ、肉料理、魚料理、パスタまでいろんなジャンルが取り揃えてあって、これだけでもランチだったら十分ですよってくらい充実してるんです。

お代わりはなしですが、お皿は十分大きいので1回で十分です。

で結局僕が盛り付けたオードブルがこちら。

・・・・・・、それは次回にて。
さらに僕と妻、そして娘が注文したメイン料理も次回にて紹介します。
どうぞお楽しみに。

関連ランキング:洋食 | 七井駅

|

« 一蘭 ~ やっと食べるチャンスがやってきた | トップページ | 森のレストラン(後編) ~ 土祭2012より »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118319/55723179

この記事へのトラックバック一覧です: 森のレストラン(前編) ~ 土祭2012より:

« 一蘭 ~ やっと食べるチャンスがやってきた | トップページ | 森のレストラン(後編) ~ 土祭2012より »