« 長崎を“さるく”Part2 ② ~ 大浦天主堂 | トップページ | 長崎を“さるく”Part2 ④ ~ グラバー園(その2) »

2013年1月10日 (木)

長崎を“さるく”Part2 ③ ~ グラバー園(その1)

大浦天主堂の裏出口を出ると、そこはグラバー園の入り口につながっています。

201330

ということで、続いては長崎を代表する観光スポット、グラバー園を探索することにしましょう。
僕がここを訪れるのは何年ぶりだろう。
おそらく10年、いや15年は経っているんじゃないかなぁ。

最近の出来事で言うと、2009年12月31日の紅白歌合戦で、福山雅治さんがここグラバー園から生中継で歌っていたのを思い出します。
長崎出身の福山さん、そしてこの年は大河ドラマが「龍馬伝」ということもあって、ゆかりの地である長崎の、しかもここグラバー園を選んだんですよ、きっと。

201331

この園内マップは平面図ですが、実際は傾斜地になっていて、上の図で言うと左上から右下に行くにつれ高台になります。

また、グラバー園には2箇所の入り口があります。
今回僕が入場したのが第1ゲート(上図の右端、赤い部分)
そして、上のマップの左下、一番高いところに第2ゲートがあります。
といっても、第2ゲートができたのは10年前、それまでは第1ゲートしかなかったんですけどね。
第1ゲートから入ると、「動く歩道」に乗って一番高いところ、つまり第2ゲート付近まで行き、そこからだんだん下るようにして見学するのが通常コースとなります。

今回もてっきりそのコースだと思ったんですが、何と動く歩道が工事中で利用不可。
つまり、全行程を自分の足で踏破しなければならないということ。
これは、想定外。。。

201332

ということで、通常は一番最後に行くはずのグラバー邸からスタートです。
グラバー邸は園内の割と低いところにあるとはいえ、前庭からは長崎の中心地が一望できる見晴らしの良い場所に立地しています。

201333

前出の紅白で福山さんが生放送で歌った場所もこの場所。
前庭にロウソク(のような照明だったかも。。。)が敷き詰められ、バックには長崎の夜景。
そして、めったに降らない雪まで降ってましたよね。
あの時はとても幻想的で、本当に感動したのを今でも覚えています。

201334

ところで、トーマス・グラバーという名前は誰しも聞いたことがあると思うのですが、彼がどのような人物だったのかというと意外と知られていないのではないでしょうか。
NHK大河ドラマ「龍馬伝」にも登場していたので、龍馬伝を見ていた人は何となくイメージできるかも知れません。

本名は、トーマス・ブレーク・グラバー、スコットランド人です。

幕末の1859年、21歳の若さで来日し、主に武器を扱う貿易商として一代を築いたことは有名です。
坂本龍馬がグラバー邸に乗り込み、薩摩の資金で武器を調達し長州まで届けた話は龍馬伝でも出てきましたよね。

201335

天井の一画には秘密の扉もあって、ここに坂本龍馬ら倒幕派の藩士を匿ったという説もあります。

しかし武器商人として繁栄を誇ったのは幕末までの話。
その後、グラバーはどうなったのでしょう。

1868年(明治元年)、グラバーは炭鉱開発(のちの高島炭鉱)造船所(修船場)を建設するなど、意欲的に事業を展開しますが、肝心の武器が売れなくなり、1870年(明治3年)にグラバー商会は事実上破産
ただし、グラバー自身は高島炭鉱の経営者として留まります。

201336

その後、1881年(明治14年)高島炭鉱が三菱に買収されるのに伴い、グラバーも三菱財閥の一員となり、引き続き炭鉱経営を続けつつ、1885年からは三菱財閥の相談役となります。

相談役時代の活躍として、経営危機に陥っていたある酒造メーカーの買収を岩崎弥太郎に進言、1885年新たにジャパン・ブルワリー・カンパニーを立ち上げ、経営に貢献。
その3年後の1888年(明治21年)、「麒麟麦酒」、すなわち今のキリンビールが誕生したのです。

1893年(明治26年)に、三菱の終身顧問に就任。
1908年(明治41年)には、勲二等旭日賞を受賞、外国人としては破格の褒章なんだとか。
1911年(明治44年)、73歳で逝去。

幕末から明治時代までの波乱に満ちた時代を生き抜き、日本の近代化に大いに貢献したことが、以上でお判りいただけたのではないでしょうか。

さて、グラバーの話はここまで。
ところで、グラバー園にはグラバー邸以外にも多くの建物があります。
次回は、ここから坂を上りながら園内を巡ってみたいと思います。
お楽しみに。

|

« 長崎を“さるく”Part2 ② ~ 大浦天主堂 | トップページ | 長崎を“さるく”Part2 ④ ~ グラバー園(その2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

VIVA!長崎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長崎を“さるく”Part2 ③ ~ グラバー園(その1):

« 長崎を“さるく”Part2 ② ~ 大浦天主堂 | トップページ | 長崎を“さるく”Part2 ④ ~ グラバー園(その2) »