« 長崎を“さるく”Part2 ⑧ ~ 江山楼の絶品ちゃんぽん | トップページ | 長崎を“さるく”Part2 ⑩ ~ 長崎の夜景は世界一!? »

2013年2月 3日 (日)

長崎を“さるく”Part2 ⑨ ~ いざ稲佐山へ!

遅めの昼食を済ませたところで時計を見ると、時刻は午後4時半をすこし回ったところ。
そろそろ本日最後の目的地へ向かわねば。。。

最後の目的地とは、そう、

稲佐山!

ここへ行くのは何年ぶりだろう。
稲佐山から眺める長崎の夜景はそれはもう絶景で、1000万ドルの夜景と言われるほどの美しさ。

展望台がある山頂までは車でも行けるのですが、今回はロープウェイで行くことにしました。
実はロープウェイに乗るのは初めて。
しかも最近リニューアルしたそうで、今回の楽しみのひとつだったんです。

ロープウェイのスタート地点まではバスで行くのが一般的ですが、路面電車の宝町という電停から15分程歩いても行くことができます。

で、案内に従って歩くこと15分、たどり着いたのがこちら。

201380

えっ、神社?
ロープウェイに乗るつもりなのに。。。
で、鳥居をくぐると、

201381

大きくはないけれど、立派な神社が現れました。
「淵神社」です。

「淵神社」という名前は、この辺りの地名である「淵町」からとったもの。
構えは大きくないものの、ここには「宗像三女神」と呼ばれる三人の女神が祀られています。
この解説を始めるとかなり長くなってしまうので今回は省略しますが、気になる方はWiki等で調べてみてください。
ちなみに長崎では恋愛成就の神社として有名で、「姫みくじ」という女性に人気のおみくじがあるんだとか。

ところで肝心のロープウェイですが、社屋のすぐ左横にロープウェイの出発駅がありました。
往復チケット(1200円)を買って、いざ稲佐山へ出発。

201382

長崎ロープウェイのゴンドラは1年とちょっと前にリニューアルされたそうです。
何でも世界的な工業デザイナーの奥山清行さんとかいう方のデザインだそうで、ほぼ全面ガラス張り、かなり格好いいゴンドラに生まれ変わりました。

201383

標高333メートルの稲佐山をぐんぐん登っていきます。
新しいゴンドラからは、登っていくにつれ長崎の町全体が徐々に明らかになっていくのを実感できます。

201384

やがて、展望台のある山頂、稲佐岳駅に到着。
早速、稲佐山山頂展望台へ。
すると何と展望台も新しくなっているではありませんか。

201387

円形の建物の中はとても広い空間になっていて、窓に沿って造られたなだらかなスロープを登っていくと屋上へ進むことができます。
全面ガラス張りになっているので、スロープを進みながら長崎の町や山々、そして東シナ海を360度パノラマで楽しむことができるんです。

そして、屋上へ。

201385

こちらが長崎の中心地です。
この風景が、この後日が沈むにつれ綺麗な夜景へと変わっていくんです。

どう変わっていくのか。
その模様は次回のお楽しみということで。
期待してくださいね。

 

|

« 長崎を“さるく”Part2 ⑧ ~ 江山楼の絶品ちゃんぽん | トップページ | 長崎を“さるく”Part2 ⑩ ~ 長崎の夜景は世界一!? »

旅行・地域」カテゴリの記事

VIVA!長崎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長崎を“さるく”Part2 ⑨ ~ いざ稲佐山へ!:

« 長崎を“さるく”Part2 ⑧ ~ 江山楼の絶品ちゃんぽん | トップページ | 長崎を“さるく”Part2 ⑩ ~ 長崎の夜景は世界一!? »