« 熊本城探訪(その2) ~ 大天守最上階そして本丸御殿へ | トップページ | 熊本城探訪(その4) ~ 宇土櫓 »

2013年2月26日 (火)

熊本城探訪(その3) ~ 本丸御殿の絢爛豪華なこと

今回行った本丸御殿では、たまたま期間限定特別イベント、

「甲冑・杉戸絵展」

が開催されていました。

あとで知ったんですが、普段は大広間には入れず、脇にある廊下から眺めるだけなんですが、今回はこのイベントのおかげで、「鶴之間」、「梅之間」、「櫻之間」、「桐之間」、「若松之間」と続く大広間を歩くことができたんです。

50

甲冑のほうはというと、5種類の甲冑が並んでいました。
一番人気なのはやはり加藤清正公の甲冑でした。

ちなみに、こちらの甲冑は約1年前に熊本市が政令指定都市になるのを記念して行われた、

「城下町くまもと 時代絵巻」

において、加藤清正役を演じた藤岡弘さんが実際に来た甲冑なんだとか。
藤岡さんはこの甲冑を着て、熊本駅から熊本城まで約1時間、パレードを行ったんです。
ちなみにのちなみにですが、この時演じたたくさんの家来の殆どは、陸上自衛隊第8師団の隊員さんだったんだそうです。

44

続いて展示されていたのは5体の甲冑。
一体誰の甲冑なのかわかりますか?

右から、細川忠興豊臣秀吉加藤清正

01

そして、黒田長政、福島正則です。

皆さんなかなか奇抜なトレードマークをお持ちで、本当は全体をちゃんと見ないといけないんだろうけど、どうしても頭上の方だけ見てしまうのは僕だけ?

その中でも黒田長政の四角で平べったい鉄板(のようなもの)は不思議ですよね。
だって弓矢の的にどうぞって言ってるような形に見えるし。
あるいは、頭を上下に振るとうちわの代わりになる、みたいな(笑)。

46

大広間の最後の部屋、若松之間からみる「昭君の間」です。
この部屋は藩主の部屋であったとされ、他の部屋とは全く違いとても煌びやかな空間です。

47

違う角度から見るとこんな感じ。
壁から天井まで金色に染められた部屋は見るだけでもとても眩しく、僕だったらこんな部屋に1日中居ようものなら気が狂いそうになりそう。。。

ちなみに、壁に描かれているのは、中国の前漢の時代の話で、匈奴(現在のモンゴル)に嫁がされた悲劇の美女、王昭君の物語です。
なので「昭君の間」というのですが、裏話として「昭君」は「将軍」の掛け言葉で、さすがに「将軍の間」とは付けられないことからこのような工夫を施したという説もあるようです。

49

しかし、普通こういう建物の場合写真撮影は不可だったりするんですが、館内表示は、「フラッシュ撮影禁止」のみ。

なんて太っ腹なんでしょう。
まっ、オール復元なんだからそんなもんか。

48_2

こちらは大広間に沿って続く廊下から張り出した縁側。
ちょっと分かりにくいかもしれませんが、右奥にはまだ空き地のようなものが見えます。

実は本丸御殿は全部が復元されたわけではないそうです。
残りの部分は復元の予定はないようですが、これでも5年の歳月と50億円以上の工費がかかっているそうで、たしかに見応えのある本丸御殿でした。

さて、このあとは熊本城で唯一のオリジナルのお城とも言ってよいのではないでしょうか。
「宇土櫓」へ向かいます。

お楽しみに。

|

« 熊本城探訪(その2) ~ 大天守最上階そして本丸御殿へ | トップページ | 熊本城探訪(その4) ~ 宇土櫓 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。

投稿: 株の初心者 | 2013年3月24日 (日) 13時01分

株の初心者さん。
コメントありがとうございます。
また是非遊びに来てくださいね。

投稿: チンムー | 2013年4月 7日 (日) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本城探訪(その3) ~ 本丸御殿の絢爛豪華なこと:

« 熊本城探訪(その2) ~ 大天守最上階そして本丸御殿へ | トップページ | 熊本城探訪(その4) ~ 宇土櫓 »