« 新橋の焼き鳥は「鶏繁」で決まり!? | トップページ | 吉野ヶ里遺跡ひとりツアー⑤ ~ 倉と市 »

2013年3月29日 (金)

吉野ヶ里遺跡ひとりツアー④ ~ 北内郭

吉野ヶ里遺跡ひとりツアー、3つ目のスポットは「北内郭」です。

南内郭の物見櫓から見えた立派な建物があるエリアです。

25

これです。
弥生時代のお城のようにも見えます。
ここは一体どういう場所だったのでしょう。

20

北内郭の特徴は、環濠が2重になっていること。
簡単に中へ入ることができないような構造になっています。
これもやはり敵の侵入から守る防衛手段なんでしょうね。

21

入り口には、やはり軒先に鳥がいました。
こちらも南内郭と同様2羽です。
南内郭と違うのは、こちらは羽根を広げていて飛んでいるような形だということ。

やはり鳥の形と数は何か意味があるのではないでしょうか。

22

そしてこちらがメインの建物、「主祭殿」です。
3階建ての立派な建物です。
パンフレットによると、吉野ヶ里を中心とするクニ全体の重要な事柄を決める会議を行ったり、祖先の霊への祈りやまつりを行ったりした、吉野ヶ里の中心的な建物であったと考えられています。

こちらの建物も中へ入れるようなので、早速2階へと上ってみましょう。

23

何やら物々しい空気が流れています。
どうやら重要な会議が開かれているようです。

それにしても、これだけの蝋人形を見るのは、網走刑務所以来かも。。。

3階にも行けるようなので階段を上っていきましょうか。

24

3階では女性の祈祷師が祭壇のような場所に向かい何やら神聖なお祈りをしているようです。
説明によると、祖先の霊のお告げを聞く祈りを行っているところで、そのお告げを下で行われている会議の場に伝えられるのだそうです。
例えば、田植えや稲刈りの日取りの決定等がこうやって決められていたと考えられています。

37

先ほどの祈祷で用いられていた楽器がこちら。
言うまでもなく、琴です。

琴はとても古い楽器で縄文時代からあったらしいのですが、弥生時代には琴板の下に共鳴槽と言われる空間を作ることで、より響きのある楽器として奏でられたようです。
今の琴と近い形をしていますもんね。

北内郭はこのように、紙のお告げに基づき吉野ヶ里の儀礼的な話し合いがなされるとても神聖な場所なのでした。

次回は、吉野ヶ里がこのあたりの交易の中心であったことを物語る、「倉と市」というエリアへ向かいます。

|

« 新橋の焼き鳥は「鶏繁」で決まり!? | トップページ | 吉野ヶ里遺跡ひとりツアー⑤ ~ 倉と市 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉野ヶ里遺跡ひとりツアー④ ~ 北内郭:

« 新橋の焼き鳥は「鶏繁」で決まり!? | トップページ | 吉野ヶ里遺跡ひとりツアー⑤ ~ 倉と市 »