« 吉野ヶ里遺跡ひとりツアー⑥ ~ 南のムラ、弥生くらし館 | トップページ | 名古屋名物 みそかつを! ~ 矢場とん »

2013年4月10日 (水)

吉野ヶ里遺跡ひとりツアー⑦ ~ おまけ編

一応、前回で吉野ヶ里遺跡ひとりツアーは終わったんですが、今回は「おまけ」編
個人的に気になったところを3点程ピックアップして紹介します。

まず1点目、南内郭や北内郭を取り囲んでいた「環濠」

16

こんな感じ。
外柵の内側にV字型に掘られています。
一見たいした深さではないような気もしますが、南内郭そばの展示室にこのような説明パネルがありました。

17

実物大のパネルです。
こうやって見ると、かなり深いんだなって一目瞭然です。

大勢で押し寄せた敵軍兵士たちが外柵を乗り越え、飛び降りた瞬間この濠にはまってしまうのを想像すると。。。

死ぬな。。。特に下の人は。。。プルプル。

次、2点目はこちらの建物。

26

一見何の変哲も無い復元住居のように見えますが、よく見ると「休憩所」って書いてある。
特に休憩したいわけではないけれども、ちょっと気になったので入ってみます。

27

確かに、いわゆる普通の休憩所ですね。

ただ、なんと、中には飲み物の自販機が。。。
ボディを茶色に塗る気遣いはあるものの、この建物に馴染むのにはちょっと無理あるんじゃない?

っていうか、休憩所だったらテーブルと椅子をもう少し入れたほうがいいんじゃないかな。

さて最後、3点目は公園内にあったトイレのマーク。
まずは男子トイレのマークから。

38

おおっ、弥生人じゃん。
って、弥生人って本当にこんな髪型だったの?

この髪型、「みずら」と言うらしく、古墳時代の埴輪などで見られる髪型なんだとか。
吉野ヶ里遺跡では、甕棺から出土した頭骨の耳の上の位置から、束ねて巻かれた髪の毛が発見されました。
分析の結果、成人男性のものであったことから、弥生時代の成人男性の髪型も「みずら」であったことが初めて分かったのだそうです。

それはさておき、男子トイレがこういうマークってことは、当然女子トイレのマークも気になりますよね。

39

ふむ、これが女子トイレですか。
弥生時代は女性のほうがシンプルな髪型だったのでしょうか。

そういえば、北内郭でみた占い師の女性はストレートの長い髪だったし、その下の階で会議をしていた女性の髪型は後ろでボンボンを作ってました。
つまり、男性の髪型は今と全然違うけど、女性の髪形は現代とそう変わっていないってことなんでしょうか。

ところで、最後に同じトイレにあった多目的トイレのマークを見ていただきたい。

40

車椅子マークと弥生人たちの組み合わせは何ともシュールだと思いません?

っていうか、赤ん坊の髪型まで「みずら」。。。ですか?

みずらをほどいたらロンゲの赤ちゃんですか?

ねぇ、ここまでやりますかぁ。。。

でも、ブログネタ的にはベストな1枚でした。

吉野ヶ里歴史公園さん、ありがとう(笑)。

|

« 吉野ヶ里遺跡ひとりツアー⑥ ~ 南のムラ、弥生くらし館 | トップページ | 名古屋名物 みそかつを! ~ 矢場とん »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉野ヶ里遺跡ひとりツアー⑦ ~ おまけ編:

« 吉野ヶ里遺跡ひとりツアー⑥ ~ 南のムラ、弥生くらし館 | トップページ | 名古屋名物 みそかつを! ~ 矢場とん »