« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月22日 (水)

八戸、陸奥湊の朝市

5月のとある日、縁あって青森県八戸市を訪れる機会に巡り合うことができました。

今回僕と一緒に言った先輩はもう何度も訪れていて、ある意味「八戸通」。
その先輩の発案で、宴会で盛り上がった昨日の疲れも気にせず、翌日であるこの日は朝早く起きて朝市へ行こうということになりました。

で、向かったところは、「陸奥湊」というJRの駅。
ここは、地元の人たちで賑わう、「陸奥湊駅前朝市」なのです。
01

八戸市郊外には、「八食センター」という半ば観光地化された市場もあるんですが、こちらの朝市は昭和28年に開設された、いわゆる「元祖、八戸朝市」

最盛期の昭和30~50年代には、まさに「八戸近隣の台所」として多くの利用客をはじめ、行商人などが近隣各所から集まり、港町ならではの活気と賑わいに満ちていたそうです。

03

その後、流通や生活様式の変化にともない一般利用客は減少傾向となりましたが、東北新幹線開業の平成14年より市営魚菜市場ではじめた「日曜新鮮市」をきっかけに多くの観光客が訪れ、活気を取り戻したのだそうです。

04

市場は駅前通り沿いにたくさんの店が立ち並んでいて、魚介類だけでなく野菜や乾物等いろいろな店が並んでいて、見ているだけでも楽しめます。

また、市場の一角には食堂もあって、市場で買った食材を使ったオリジナル海鮮丼にして食べられるところもありました。
今回はホテルで朝食を済ませてきたのであきらめましたが、今度来るときには絶対ここで朝ごはんを頂きます、多分ね。

05
こちらの籠の中にあるのは、マグロの頭とアラ。
おそらく、マグロの解体を終えた残骸なんでしょうね。

マグロの解体ショー、見たかったなぁ。

06

こちらの白い物体はというと、タコの頭の部分なんだそうです。
こちらではタコの頭の部分、実は胴体なんですが、こうやって裏返して売られているのが普通なんだとか。
ちょっとグロテスクな感じもしますが、この方が胴体に詰まっている内臓もきれいに取れ、調理もしやすいのだそうです。
なるほど、またひとつ勉強になりました。

02

最後は駅前広場にあった、こちらのキャラクター。

「イサバのカッチャ」

と記されています。

聞き慣れない言葉ですが、「イサバ」とは漢字で「五十集」と書き、「魚市場」あるいは「魚の行商人」という意味。
「カッチャ」は「かあちゃん」の略で、「おばちゃん」。
つまり、「イサバのカッチャ」とは、魚を扱う職業のおばちゃん達のことなのですが、現在ではホッ被りに背負いカゴと長靴スタイルでハマ(沿岸部)界隈を行き交う元気なオバちゃんたち全般の代名詞になっているようです。

で、このマスコットのモデルは、八戸出身の俳優、「十日市秀悦」さんが演じる「イサバのカッチャ」で、八戸では超有名なんだそうです。

何でも、「イサバのかっちゃ~朝市のかあちゃん~」という歌まであるそうで、YouTubeで検索すると八戸市の街頭で歌って踊るイサバのカッチャの動画を見ることができます。

新鮮な魚介を買って送るもよし、自分オリジナルの海鮮丼を食すもよし、ぶらりと散策するだけでも楽しい、そんな懐かしい風情に浸れる八戸の台所、陸奥湊駅前市場でした。

参考サイト:http://www.ukipal.jp/asayokosen/subpage/asaichi/station_front/station_front.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月15日 (水)

陸上自衛隊第8師団記念式典

平成25年4月21日、熊本市に所在する北熊本駐屯地で、

陸上自衛隊第8師団創隊51周年、および北熊本駐屯地開設56周年記念行事

が行われました。

陸上自衛隊の師団クラスの式典は全部行っていると思っていたんですが、よくよく考えてみると、何と第8師団の式典は初参加でした。
同じ熊本市内に西部方面総監部があり、そちらへは何回も行ったことがあるので、第8師団の記念行事も行った気になっていたんでしょうね。

8d01

陸上自衛隊の師団クラスの記念行事は内容と順番がどこも殆ど同じなんですが、第8師団の式次第は他とちょっとだけ違ってました。

通常、記念式典→観閲行進→訓練展示→記念会食という順番なんですが、第8師団の場合は、記念式典→訓練展示→観閲行進→記念会食という順番なんです。

というのも、他の師団では観閲行進は同じグランドで行われるのですが、第8師団の場合はグランドに隣接した道路で行われるんです。
そのため、我々参列者は移動しなければならず、なのでグランドで行われる訓練展示を先にやっちゃえってことで、順番が入れ替わっているんです。

8d02

ところで、陸上自衛隊第8師団は熊本県、宮崎県、鹿児島県の南九州3県を担当する部隊ですが、鹿児島県は奄美群島を含むため、担当する区域の広さで言うと南北約700㎞、東西約340㎞と、広大な区域となります。

また、約960個の離島を抱えており、島嶼(とうしょ)防衛
を重視する師団でもあります。
一方、阿蘇、桜島、それと最近活動が活発化している新燃
と言った活火山の噴火や台風、集中豪雨による災害も多く、多様な任務に対応しなければならないといった特徴があります。

8d03

という訳で、今回行われた訓練展示は、管轄内のある離島に上陸してきた仮想敵国の部隊を撃破するという内容でした。

グランド全体を島に見立て、海上から上陸を企てる敵部隊を追い払うという一連の様子をわかり易く展示していました。

8d04

他の展示では敵陣地に潜入するために行われているリペリング(ロープをつたって地上に降りること)も、敵の特殊部隊が島に下りるという設定。8d05
狙撃手は頭の先から足の先まで偽装していて、茂みの中から数百メートル先の敵を狙撃できるんだとか。

8d10

上陸しようとする敵揚陸艦を攻撃するため、79式対舟艇対戦車誘導弾というあまり見慣れない火器も登場していました。

そして、観閲行進。

8d06

複数の連隊から選抜された特殊部隊の混合チームが登場してきました。

これも珍しい光景です。

8d07

8d09

戦車は74式戦車。
最新型の10式戦車はいつ配備されるのでしょうか。

防衛予算も増えず戦車を買うお金も少ないため、まだまだ先の話なんでしょうね、きっと。

8d08

最後に航空部隊がやってきました。
通常の観閲行進では他の部隊と同じく左手上空から右手に飛んでくるのですが、こちらでは正面奥から手前に飛んできて、僕らの頭上を通過していくというものでした。
何だか新鮮な感覚でした。

第8師団記念行事レポートは今回でおしまいですが、第8師団のHPではもっとたくさんの写真が掲載されています。
今回は特別ゲストとして、あのくまモンも来ていたみたいです。

会いたかったなぁ。。。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月12日 (日)

世界遺産「宮島」初上陸! ~ ⑤参道編(その2)

【④参道編(その1)の続き】

4月初旬、生まれて初めて「世界遺産 宮島」に行ってきました。

この日は、超快晴、しかもかなり暖かい、というか4月初旬にしては暑いくらいの天気。
いわゆる、行楽日和ってやつです。

前回お届けした、美味しいブログネタ、じゃなくて美味しい「揚げもみじ饅頭」をいただいた後、引き続き表参道商店街を物色します。

13

商店街の中で売られている食べ物でいちばん多かったのは、焼き牡蠣だったんじゃないかって思います。
広島って言えば、牡蠣の生産量はダントツの1位ですもんね。

宮島へ来るフェリーからも牡蠣の養殖場が広がっていたし。
やっぱここに来て焼き牡蠣ははずせませんよね。

31

ということで、僕が選んだのは「百々商店」というお店。
「ももちゃん」という響きになんとなく惹かれたのと、大先輩のお姉さん(?)が焼いてる姿を見て、これだったら美味いんじゃないかなって思ったから。

お値段は、1皿に2個入って400円。
これは全てのお店で同じ値段でした、多分。。。

32

ほとんど待つことなく、やって来ました。
カウンターにはポン酢と醤油が置いてある。
お好みでどうぞってことですね。

お皿を受け取り、店内に入って食べていいかって聞いたら、それはダメだとのこと。
しょうがないので、この場でいただきます。
混んでる様でも無かったし、ちょっとくらいだったら入れてくれてもいいんじゃないの?

僕は絶対ポン酢派。
ポン酢をちょっとだけ垂らして、殻を持ち、口のところまで運んだ瞬間。

「チュルッ!」

カーーーッ!
美味いっ!
焼きたての牡蠣、サイコーッ!
500円で売ってる生ビール飲みてーーーっ!

生ビールを飲みたい衝動はグッと抑えて、再び商店街を探索します。

最後に目が留まったのはこちら。

33

宮島名産、「あなご竹輪」。

あなごは宮島の名産のひとつなんだそうです。
何でも宮島に臨む大野瀬戸で獲れるあなごは、風味もやわらかさも格別なんですって。
お勧めはやっぱり「あなご飯」だそうですが、食事タイムというよりはおやつタイムだし、2000円以上の出費はちと痛い。
炭火(じゃなかったかも。。。)の上でクルクル回っているあなご竹輪がいい香りを放ってて、つい引き寄せられたって訳です。

34

こちらがそのあなご竹輪。

持ち手の部分は金属ではなく紙でできているので、食べ終わったら近くのゴミ箱へ捨てられます。
一見普通の竹輪に見えますが、食べてみると確かにあなごの味がします。
かじった部分を良く見ると、あなごの粒々が一緒に練りこまれているのが分かります。

1本250円と決して安いとは言えませんが、一度は食べてみる価値あり、の一品です。

36

ということで、最後に宮島の味覚を堪能したところで今回の宮島探訪の旅はおしまい。
帰りの船からもう一度、大鳥居に向かって、

「二礼二拍手一礼!」

絶対また来ます。
今度は満潮のときにね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年5月 9日 (木)

世界遺産「宮島」初上陸! ~ ④参道編(その1)

【③参拝編のつづき】

4月初旬、生まれて初めて「世界遺産 宮島」に行ってきました。

この日は、超快晴、しかもかなり暖かい、というか4月初旬にしては暑いくらいの天気。
いわゆる、行楽日和ってやつです。

厳島神社参拝を終え、再び参道沿いの商店街へやってきました。

「表参道商店街」という、まんまの名称です。
まっいいか。

ほとんどがお土産屋さんと飲食店なんですが、来る時に気になったお店、というか食べ物を再度物色することにしました。

14

商店街の中で、最も目立つのがこの「大しゃもじ」でしょうね。
長さ7.7m、最大幅2.7m、重さ2.5トンと、世界一のしゃもじ。
樹齢270年のケヤキから作られたものなんだそうです。

そう言えば、プロ野球の広島東洋カープでは、かつてしゃもじを使って応援していたような記憶があります。
最近はあまり聞きませんが、あれはどうなったんでしょうね。

さて、商店街でまず気になったのがこちら。

26

何?
「揚げもみじ」
これ、とっても気になりますよね。
もみじって、あの広島を代表するお菓子、もみじ饅頭のことですよね。

これは買って確かめねば。
えっ?いつ確かめるのかって?

「今でしょっ!!」

・・・・・・
えっと、ベタなギャグはスルーして、話を先に進めましょうね。

こちら、「紅葉堂」さんの揚げもみじは、あんこ、クリーム、チーズの3種類。

定番はあんこなのでしょうが、「揚げ」と聞いて今回はチーズにしてみました。

で、150円と引き換えに渡されたのがこちら。

27

店の奥にある休憩所のようなところへ移動し、さっそくいただきます。

ほんとだ。
確かに揚げてある。
言われてみると、もみじ饅頭の形をしているような。。。

味は確かにもみじ饅頭です。
さくっとした食感が何だか新鮮。

チーズもそこそこイケますが、やはり初体験はあんこにしておけばよかったかも。。。

っていうか、背景の神棚の様なもの、一体なんでしょう。
よく見ると。。。

28

う~ん、何が祀ってあるんだろう。。。
さらに接近してみます。

29

これって、今頂いている揚げもみじじゃないですか?
ってことは「揚げもみじ」の神様

あと、神棚の左手にあった銅像のようなもの。
これもよく見ると、「平のあげもみ公」って書いてあります。
で、こちらも接近してみると。。。

30

なるほど。
揚げもみじを食べた後の竹串を入れる回収箱だったんですね。
これってなかなか面白いんじゃない?

いや、貴重なブログネタを有難うございました。

ということで、揚げもみじの話はここまで。
表参道商店街のお話はまだまだ続きますが、揚げもみじだけで一話分使ってしまったため、この続きは次回とします。

次回は何が出てくるのか、お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 6日 (月)

世界遺産「宮島」初上陸! ~ ③参拝編

【②上陸編のつづき】

4月初旬、生まれて初めて「世界遺産 宮島」に行ってきました。

この日は、超快晴、しかもかなり暖かい、というか4月初旬にしては暑いくらいの天気。
いわゆる、行楽日和ってやつです。

参道を抜け、厳島神社の入り口で拝観料を払うと、いよいよ神社境内です。

18

朱色の柱と天井がとても綺麗です。

厳島神社は平清盛によって平安時代に立てられ、平家によって代々崇められたのは有名な話。
そもそも「厳島」というのは「宮島」と同一であり、島全体を意味します。

「いつく」という言葉は、「斎く」と書くと「神に仕える」という意味となり、この島全体が神として古くから信仰されていたことを物語っています。

厳島神社の御祭神は「宗像三女神(むなかたさんじょしん)」
三女神とは、市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)、田心姫命(たごりひめのみこと)、湍津姫命(たぎつひめのみこと)

んっ?ちょっと待て。
宗像三女神って、以前っていうか最近僕のブログで取り上げたことがあるような気がする。。。
そうそう、今年の初め、長崎の稲佐山へ行くときロープウェイの駅があった「淵神社」だ。
あそこの御祭神も宗像三女神でした。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

話を戻します。

今回は時間的にちょうど引き潮だったため、

19

こんな感じ。

満潮時はこの辺りは水面に浮かぶ神社の風景が見れるのでしょうね、きっと。

20_2

廊下を進んでいく中で、社屋の隙間から一瞬大鳥居が見えるスポットがありました。
っていうか、海はあんなに遠いのに、満潮時には本当にここまで海水がくるのかなってちょっと疑問が沸いてきます。

22

こちらは、重要文化財に指定されている「能舞台」です。
解説によると、この能舞台は江戸時代に、福島正則によって寄進されたとありました。

福島正則といえば、豊臣秀吉子飼いの「7将」のひとり。
先日取り上げた熊本城の記事の中に出てきた、同じく7将のひとりである加藤清正の朋友です。
福島正則は関が原の戦いが終わると、ここ広島の地を与えられ、統治することとなりました。
戦国武将の毛利元就に代わって広島の地を統治することになった訳ですが、彼は検地の結果を農民に公開した上で実収に伴った年貢を徴収して負担を少なくするなど善政を行ったことで民衆からも尊敬されていたようです。
また、領内の寺社の保護にも努め、毛利元就とともに、戦国時代まで衰退していたこの神社の隆盛に貢献しているのです。

21

神社の先端(?)までやってきました。
正面から見る拝殿はこんな感じ。
さすが世界遺産、美しさを感じます。

ちなみに、ここにも両サイドに狛犬が鎮座していました。

「二礼二拍手一礼」

拝礼を済ませた僕らは、せっかくなので引き潮のときにしかできないことをしようということで、砂浜へ降りてみることにしました。

23

大鳥居のすぐ近くまでいけるチャンスって引き潮のときだけだもんね。

砂浜へ降りてみると、上から見るのとはまた違った景色が楽しめます。

25

厳島神社のほぼ全景です。
満潮時には神社土台の柱の部分がすべて海面の下となるんですよね。
計算しつくされた構造であることがよくわかります。

24

大鳥居に再接近してみました。
こんなに接近できるのも引き潮ならでは。

でも潮はすでに満ち始めていました。
ということは、最干潮時にはどこまで接近できるんでしょうね。

さて、参拝編は以上です。
次回は、参道の商店街へ戻って、来る時気になったものを再度物色してみたいと思います。
お楽しみに。(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金)

世界遺産「宮島」初上陸! ~ ②上陸編

【①出発編のつづき】

4月初旬、生まれて初めて「世界遺産 宮島」にやってきました。

フェリーを下りた瞬間、「宮島」初上陸です。

この日は、超快晴、しかもかなり暖かい、というか4月初旬にしては暑いくらいの天気。
いわゆる、行楽日和ってやつです。

09

僕をまず迎えてくれたのは「歓迎」文字入り石灯籠
ここから宮島探索スタートです。
船着場の前はこのように広場になっていて、宮島の案内図などもここで確認できるのですが、まずここで僕が気になった看板がこれ。

11

ムムッ?
宮島には野生の鹿がいるの?
鹿が放し飼いされているのって、奈良だけじゃないんだ。

いや、野性なので「放し飼い」ではなく、「共存」っていうのが正しい表現かな。
で、注意点は3点。

「いじめない、触らない」、「食べ物を与えない」、「ゴミを捨てない」。

奈良の鹿は、「鹿せんべい」ってのがあるとおり食べ物は与えてもいいはず。
ここ宮島はダメなんだ。
というのも、看板の後半をよく読むと、かつて食べ物を与えてた時代があって、もともと人と離れて暮らしていた鹿が市街地へ降りてきてしまい、食べ物をあさったりビニールを食べて死んでしまったりして激減してしまったのだとか。

12

なので、現在、市では人と鹿の距離を置き、市街地で増えすぎてしまった鹿を自然へ返す試みをしているんだそうです。

鹿の話はこれくらいにしておいて、早速厳島神社へ向かいましょう。
神社へ行くにはショートカットもありますが、ここは地元のためにも参道を通っていきましょう。

13

さすが、日本三景。
平日だというのにかなりの人です。
しかも、外国人が多い。
特に感じたのは、他の観光地はほとんど中国人なのに対し、世界各国から来てるってこと。
この日は、スペイン語あるいはポルトガル語を喋っている外国人団体客が目立ちました。
さすが、世界遺産。
35

商店街を抜けると、大きな鳥居と狛犬が出迎えてくれます。
しかし、立派な狛犬ですね。

ところで、このスペースには特に鹿が多い。
で、狛犬のそばでは、

15

あ~あぁ、注意書きを守らない人がいるんですね、やっぱり。
紙袋を取り上げようかとも思いましたが、やめました。
鹿が怒って攻撃してきたらと思うと怖くて。。。

さらに参道を進んでいくと目の前が開けてきました。
そして、視界に飛び込んできたのが、

16

宮島のシンボル、海に立つ大鳥居。
フェリーからも遠めに見ることができましたが、やはり近くで見るのは違いますね。

これって木造なんですよね。
よく腐食しないなぁって感心しませんか?

ということで、さっそくネットで調べてみました。
すると、驚きの事実が。

何と、この大鳥居、海底に固定されているのではなく、台座(布石)の上に自分の重さだけで立っているんです。
木って当然水に浮くので不安定になりがちですが、実は鳥居の屋根の下の部分が空洞になっていて、その中に約7トンの玉石が詰められていることで、自力で立つことができるのだとか。
詳しい構造を知りたい方は、宮島の公式サイトで確認してみてください。

柱の材質は楠(クスノキ)
腐りにくく、虫にも強いのだそうです。
とはいえ、現在の大鳥居は平安時代から数えると8代目
1875年(明治8年)に建て替えられたものだそうです。
また、海水に浸かる部分に関しては、1950年(昭和25年)に取り替えられているそうです。
ただ支柱の周囲は10メートル以上あるそうで、現在そのような大木は探してもなかなか無いんだとか。
なので、現在地元の人たちによって楠の植林が行われているらしく、次代の鳥居は宮島産の楠で造られるのかもしれませんね。

17

さて、大鳥居の解説をしている間に(?)、厳島神社の参拝入り口までやってきました。
ここで拝観料300円を払って、いよいよ境内へと進みます。

この続きは次回にて。
お楽しみに。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »