« 世界遺産「宮島」初上陸! ~ ①出発編 | トップページ | 世界遺産「宮島」初上陸! ~ ③参拝編 »

2013年5月 3日 (金)

世界遺産「宮島」初上陸! ~ ②上陸編

【①出発編のつづき】

4月初旬、生まれて初めて「世界遺産 宮島」にやってきました。

フェリーを下りた瞬間、「宮島」初上陸です。

この日は、超快晴、しかもかなり暖かい、というか4月初旬にしては暑いくらいの天気。
いわゆる、行楽日和ってやつです。

09

僕をまず迎えてくれたのは「歓迎」文字入り石灯籠
ここから宮島探索スタートです。
船着場の前はこのように広場になっていて、宮島の案内図などもここで確認できるのですが、まずここで僕が気になった看板がこれ。

11

ムムッ?
宮島には野生の鹿がいるの?
鹿が放し飼いされているのって、奈良だけじゃないんだ。

いや、野性なので「放し飼い」ではなく、「共存」っていうのが正しい表現かな。
で、注意点は3点。

「いじめない、触らない」、「食べ物を与えない」、「ゴミを捨てない」。

奈良の鹿は、「鹿せんべい」ってのがあるとおり食べ物は与えてもいいはず。
ここ宮島はダメなんだ。
というのも、看板の後半をよく読むと、かつて食べ物を与えてた時代があって、もともと人と離れて暮らしていた鹿が市街地へ降りてきてしまい、食べ物をあさったりビニールを食べて死んでしまったりして激減してしまったのだとか。

12

なので、現在、市では人と鹿の距離を置き、市街地で増えすぎてしまった鹿を自然へ返す試みをしているんだそうです。

鹿の話はこれくらいにしておいて、早速厳島神社へ向かいましょう。
神社へ行くにはショートカットもありますが、ここは地元のためにも参道を通っていきましょう。

13

さすが、日本三景。
平日だというのにかなりの人です。
しかも、外国人が多い。
特に感じたのは、他の観光地はほとんど中国人なのに対し、世界各国から来てるってこと。
この日は、スペイン語あるいはポルトガル語を喋っている外国人団体客が目立ちました。
さすが、世界遺産。
35

商店街を抜けると、大きな鳥居と狛犬が出迎えてくれます。
しかし、立派な狛犬ですね。

ところで、このスペースには特に鹿が多い。
で、狛犬のそばでは、

15

あ~あぁ、注意書きを守らない人がいるんですね、やっぱり。
紙袋を取り上げようかとも思いましたが、やめました。
鹿が怒って攻撃してきたらと思うと怖くて。。。

さらに参道を進んでいくと目の前が開けてきました。
そして、視界に飛び込んできたのが、

16

宮島のシンボル、海に立つ大鳥居。
フェリーからも遠めに見ることができましたが、やはり近くで見るのは違いますね。

これって木造なんですよね。
よく腐食しないなぁって感心しませんか?

ということで、さっそくネットで調べてみました。
すると、驚きの事実が。

何と、この大鳥居、海底に固定されているのではなく、台座(布石)の上に自分の重さだけで立っているんです。
木って当然水に浮くので不安定になりがちですが、実は鳥居の屋根の下の部分が空洞になっていて、その中に約7トンの玉石が詰められていることで、自力で立つことができるのだとか。
詳しい構造を知りたい方は、宮島の公式サイトで確認してみてください。

柱の材質は楠(クスノキ)
腐りにくく、虫にも強いのだそうです。
とはいえ、現在の大鳥居は平安時代から数えると8代目
1875年(明治8年)に建て替えられたものだそうです。
また、海水に浸かる部分に関しては、1950年(昭和25年)に取り替えられているそうです。
ただ支柱の周囲は10メートル以上あるそうで、現在そのような大木は探してもなかなか無いんだとか。
なので、現在地元の人たちによって楠の植林が行われているらしく、次代の鳥居は宮島産の楠で造られるのかもしれませんね。

17

さて、大鳥居の解説をしている間に(?)、厳島神社の参拝入り口までやってきました。
ここで拝観料300円を払って、いよいよ境内へと進みます。

この続きは次回にて。
お楽しみに。

|

« 世界遺産「宮島」初上陸! ~ ①出発編 | トップページ | 世界遺産「宮島」初上陸! ~ ③参拝編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ここの鹿に尻を噛まれそうになりました。
正確には、尻ポケットに入っていた紙を盗み食い?しようとしてたみたいだけど、振り向くと鹿がいたのでびっくりしました。
チンムーさんの画像みて、宮島にまた行きたくなったよ。

投稿: みど | 2013年5月23日 (木) 09時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界遺産「宮島」初上陸! ~ ②上陸編:

« 世界遺産「宮島」初上陸! ~ ①出発編 | トップページ | 世界遺産「宮島」初上陸! ~ ③参拝編 »