« 世界遺産「宮島」初上陸! ~ ⑤参道編(その2) | トップページ | 八戸、陸奥湊の朝市 »

2013年5月15日 (水)

陸上自衛隊第8師団記念式典

平成25年4月21日、熊本市に所在する北熊本駐屯地で、

陸上自衛隊第8師団創隊51周年、および北熊本駐屯地開設56周年記念行事

が行われました。

陸上自衛隊の師団クラスの式典は全部行っていると思っていたんですが、よくよく考えてみると、何と第8師団の式典は初参加でした。
同じ熊本市内に西部方面総監部があり、そちらへは何回も行ったことがあるので、第8師団の記念行事も行った気になっていたんでしょうね。

8d01

陸上自衛隊の師団クラスの記念行事は内容と順番がどこも殆ど同じなんですが、第8師団の式次第は他とちょっとだけ違ってました。

通常、記念式典→観閲行進→訓練展示→記念会食という順番なんですが、第8師団の場合は、記念式典→訓練展示→観閲行進→記念会食という順番なんです。

というのも、他の師団では観閲行進は同じグランドで行われるのですが、第8師団の場合はグランドに隣接した道路で行われるんです。
そのため、我々参列者は移動しなければならず、なのでグランドで行われる訓練展示を先にやっちゃえってことで、順番が入れ替わっているんです。

8d02

ところで、陸上自衛隊第8師団は熊本県、宮崎県、鹿児島県の南九州3県を担当する部隊ですが、鹿児島県は奄美群島を含むため、担当する区域の広さで言うと南北約700㎞、東西約340㎞と、広大な区域となります。

また、約960個の離島を抱えており、島嶼(とうしょ)防衛
を重視する師団でもあります。
一方、阿蘇、桜島、それと最近活動が活発化している新燃
と言った活火山の噴火や台風、集中豪雨による災害も多く、多様な任務に対応しなければならないといった特徴があります。

8d03

という訳で、今回行われた訓練展示は、管轄内のある離島に上陸してきた仮想敵国の部隊を撃破するという内容でした。

グランド全体を島に見立て、海上から上陸を企てる敵部隊を追い払うという一連の様子をわかり易く展示していました。

8d04

他の展示では敵陣地に潜入するために行われているリペリング(ロープをつたって地上に降りること)も、敵の特殊部隊が島に下りるという設定。8d05
狙撃手は頭の先から足の先まで偽装していて、茂みの中から数百メートル先の敵を狙撃できるんだとか。

8d10

上陸しようとする敵揚陸艦を攻撃するため、79式対舟艇対戦車誘導弾というあまり見慣れない火器も登場していました。

そして、観閲行進。

8d06

複数の連隊から選抜された特殊部隊の混合チームが登場してきました。

これも珍しい光景です。

8d07

8d09

戦車は74式戦車。
最新型の10式戦車はいつ配備されるのでしょうか。

防衛予算も増えず戦車を買うお金も少ないため、まだまだ先の話なんでしょうね、きっと。

8d08

最後に航空部隊がやってきました。
通常の観閲行進では他の部隊と同じく左手上空から右手に飛んでくるのですが、こちらでは正面奥から手前に飛んできて、僕らの頭上を通過していくというものでした。
何だか新鮮な感覚でした。

第8師団記念行事レポートは今回でおしまいですが、第8師団のHPではもっとたくさんの写真が掲載されています。
今回は特別ゲストとして、あのくまモンも来ていたみたいです。

会いたかったなぁ。。。(笑)

|

« 世界遺産「宮島」初上陸! ~ ⑤参道編(その2) | トップページ | 八戸、陸奥湊の朝市 »

自衛隊訪問記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陸上自衛隊第8師団記念式典:

« 世界遺産「宮島」初上陸! ~ ⑤参道編(その2) | トップページ | 八戸、陸奥湊の朝市 »