« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月 4日 (日)

静内駐屯地記念式典より

(久々の記事なので長文です。ご勘弁を。。。)

先日、陸上自衛隊静内駐屯地で行われた記念行事に出席してきました。

ところで、「静内(しずない)」ってどこにあるかご存知ですか?

北海道だってことはわかるけど。。。
なんて方、多いんじゃないでしょうか。

そんなイマイチはっきりしない方へ、第1のヒントをどうぞ。

02

そう、海に面した町です。

って、北海道には海に面した町なんていくらでもあるでしょ。
なんて、突っ込まないでくださいね(笑)。

ちなみにこの綺麗な青い海は、太平洋です。

それでもまだ、北海道にはたくさんの該当する町がありますよね。

続いて、第2のヒントを差し上げます。

この町の玄関でもある、駅前の風景です。

01

結構立派な駅ですよね。
植え込みには色とりどりの綺麗な花が植えられています。

その植え込みの中に建てられたオブジェの先っちょに乗っかってるものは。。。

そう、馬です。
競馬が好きな人ならここまで言わなくてもわかっていると思いますが、そうでない方のために少し説明しましょうね。

北海道を千歳空港で降り、JRにて千歳線を南へ下って行くと苫小牧という地にたどり着きます。

JRの場合、ここから南西へと向かう路線は室蘭本線となり、室蘭そして函館へと続きます。
一方、南東へと向かう路線は日高本線となり、森進一の歌でお馴染みの、「襟裳岬」方面へと続いて行きます。
といっても、日高本線の終点は襟裳岬よりかなり手前にある「様似(さまに)」という駅でなんですけどね。

で、静内の場所ですが、地図でいうと苫小牧と襟裳岬を結んだ線のちょうど真ん中あたり、JRで苫小牧から日高本線で約100分。
千歳空港からだと2時間はかかります。

地図上ではそんなに遠くなさそうなんですけどね。
さすが北海道はデッカイどーっ!!
<m(_ _)m>シツレイシマシタ。

で、この辺りは日本最大の競馬馬産地として有名なんです。

トウショウボーイ、オギリキャップ、ウイニングチケット

このあたりの馬名は競馬ファンじゃなくても聞いたことあるんじゃないかな。
これらはすべて、ここ静内で生まれた馬たちなんですよ。

さて、前置きがかなり長くなってしまいました。
そろそろ本題へと参りましょう。

7月21日(日)陸上自衛隊静内駐屯地創設49周年、第7高射特科連隊創立第32周年記念行事が行われ、初めて行ってきました。
この式典、実はかなり前から行きたかったのですがなかなか予定が合わず、今回初参加となった訳です。

08

で、何故行きたかったのかというと、静内駐屯地は他の駐屯地にはない特色を持っているからなんです。
それはなにかというと、駐屯地と道路を隔てた場所に、

「静内駐屯地 対空射撃場」

という施設があるんです。
つまり、高射機関砲や地対空誘導弾と言った実弾射撃訓練ができる場所なんです。
日本国内ではここを含め、3カ所しかない施設の一つなんです。
ちなみに、実弾をどこへ向けて発射するのか、その答えはずはり「海」です。
太平洋に向かって撃つんです。
なので、何十キロも渡って島など一切ない海域が条件になります。

当然、射撃を行うに当たっては事前にアナウンスされ、射撃の時間帯には漁船等の船舶が入らないよう監視船を出し、観測ヘリコプターで事前偵察を行うといった万全の対策をとります。

そして、静内駐屯地の場合は年に一度の記念行事に合わせて、実弾発射訓練を展示するんです。
これはどこの記念行事でも決して見ることができない目玉なんです。

というのも、記念行事は駐屯地を一般開放する日、つまり一般人でも自由に見学できるってこと。
なので、これを目当てに全国からミリオタさんたちが集まってくるんです。

07

第7高射特科連隊に配備されている主要装備(火器)はふたつ。
87式自走高射機関砲、通称「87AW」と、81式短距離地対空誘導弾、通称「短SAM」

何度も言いますが、87AWは僕が最も好きな装備品。
っていうか一番カッコイイと思う装備品です。

09

そいつの実弾射撃が見れるんですよ。
こんな風に目の前でね。
前から行きたい理由とはこういう理由だったんです。

ちなみに、毎年8月末に東富士演習場で行われる総合火力展示演習でも87AWは実弾射撃を行いますが、こちらの射撃は安全のため上空ではなく水平に撃ちます。
上空に向かって撃つ実弾射撃を見ることができるのはここだけなんです。

そして、この後、短SAMの実弾射撃です。
が、予定していた午前11時ちょっと前、突然時間変更のアナウンスが。。。

「11時から予定していた短SAM射撃は、一時中断します」

だって。
実は、短SAMの発射展示はこの6年間行われていないんだとか。
一番の理由は、天候不良。
雨が降っていなくても、沖合が霞んでいたら中止。
だって、命中したかどうか目視できないと意味ないでしょ。

でも今日は、すばらしい快晴。
遠くの沖合まで視界もバッチリ。
なのに何故行われないのか?

中止になるもう一つの理由とは、訓練海域に船舶が侵入してくるパターン。
当然、この日のこの時間帯に訓練することは、近隣漁港を含め、事前にアナウンスしています。
それでもやって来ちゃうんですよね。
かつては、自衛隊に反対する人たちが、わざと侵入して邪魔するケースが結構あったみたいです。
最近は自衛隊の活動もかなり認められているし、基本的に北海道は自衛隊の受け入れには好意的なはずなので、昔ほど邪魔は入らないと思うんですけどね。

今回の場合、プレジャーボートが侵入してきたとのこと。
一般の観光客が誤って入って来たんでしょうか。
それとも。。。

結局午前の訓練展示はなし、次は午後1時半から再チャレンジだって。

ということで、一旦この場を離れ、装備品展示コーナーへと向かいます。

05

これはひょっとして、FFRS
失礼、正式名称は「新無人偵察機システム」といいます。
なぜ、ここにこれが展示されているんでしょうか。

今年3月、北部方面無人偵察機隊という部隊がここ静内駐屯地に新編され、それに伴って配備されたのだそうです。
なるほどね。

06

このオレンジ色の怪しげな物体、何だかわかりますか?
僕も間近で見るのは初めてです。

これは、「高速標的機CHUKAR-Ⅲ」といいます。
つまり、先程行われるはずだった短SAMの標的だったんです。

無線誘導により約30分の飛行が可能なんだとか。
この標的を目標に射撃が行われる訳ですが、実際の標的部分は翼の両側にあるミサイルのようなもので、本体自身は回収され、何度でも使うことができるんだそうです。

10

こちらは短SAMの射撃統制装置。
大きなレーダーで目標を補足、車両内の統制装置でミサイルを誘導します。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、お昼の祝賀会食ですが、本来13:30までの予定を、連隊長判断で30分繰り上げて終了。
というのも、午後の短SAM射撃が13:30、移動時間等を考えてのことのようですが、祝宴を早く終わらせるのって結構大変だったんじゃないかなぁ。

でも、連隊長、グッジョブ!!!

早速、対空射撃場へと移動します。

時間が来ました。
今度は邪魔なものはないとのこと。
予定通り射撃が行われるみたいです。

時間になり、最初に先程見たCHUKAR-Ⅲが元気よく飛び出して行きました。
そして、あっという間に見えなくなってしまいました。

説明によると、このあと沖合上空で大きな弧を描くように3周し、最後の3周目に撃ち落とすんだそうです。

本体そのものは肉眼では見えませんが、軌道確認のための煙を吐くので、

「ああ、何となくあの辺を飛んでるんだなぁ」

って感じで確認できます。

そして、ラスト3周目、いよいよ短SAMの射撃開始です。

11

オオッ、スゲーーーッ!!!

かなり大きな噴射音とともに目標に向かって飛んでいき、数秒ほどで目標に到達。
肉眼ではほとんど見えませんが、命中したことを示す黒煙をかすかに確認できました。

7年ぶりの記念行事での実弾射撃ということもあってか、命中の瞬間は会場中大喝采!
いやぁ、よかったよかった。

っていうか、初めて参加した記念行事で、この瞬間を見ることができたのって、すごくラッキーなんじゃない?

っていうか、ひょっとして僕ってラッキーボーイ!?
(スンマセン、独り言なんで無視してもらってください、ホント)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »