« 秋津島 ~ おしゃれな豆腐懐石を頂きます | トップページ | シンガポール・エアショーより ~ 前編 »

2013年11月22日 (金)

秋津島 ~ おしゃれな豆腐懐石を ~ (続き)

(前回からの続き)

僕の実家、諫早にある豆腐懐石のお店、「秋津島」。

秋津島では、豆腐にも相当こだわっているそうです。

まず使用する大豆は、北海道産の「鶴の子大豆」というもの。
大豆の中でも最高級に位置する品種の一つで、普通の大豆に比べて粒が大きく、皮が薄いのが特徴です。
糖度が高く、「煮豆の王様」とも呼ばれるそうですが、当然豆腐の材料としても最高です。

そして豆腐作りに欠かせないのが「にがり」ですよね。
にがりは、熊本県天草の「通詞島(つうじしま)」というところで生産されている天然本にがり。
通詞島は昔から塩作りが行われていたところ。
約50年前、この島に天草本渡からの海底水道設備を敷設する工事を行った際、海底から多数の遺跡が出てきたそうです。
縄文時代の土器や人骨の中に、製塩土器が多数含まれていたことから、何と縄文時代からこの地で塩作りが行われていたことがわかったんです。

そんな昔ながらの製法で塩を作っている製塩所のひとつ、「ソルトファーム塩工房」で作られている天然にがりには50種類以上のミネラルが含まれているのだそうです。

余談ですが、通詞島周辺の海にはイルカが棲みついているそうで、1年を通してイルカウォッチングが楽しめるそうです。
いつか行ってみたいと思います。
イルカも、そして製塩所もね。

さて、こだわりの解説はこれくらいにして、いよいよできたてほやほやの豆腐を頂きましょう。

06

白くてとてもきれいです。
見た目もとてもきめ細かくて、濃厚そう。

頂き方は、塩か醤油。
塩は先程も出てきた、通詞島の天然塩。
醤油はオリジナルのダシ醤油。

ただし、最初は何もつけずに食べてくださいとのこと。

では、ツルっとひと口で。

おぉ~、濃厚~、そして何となく甘い。
これは鶴の子大豆の甘味なんでしょうね。

07

何でも、豆乳の濃度は市販の豆腐と比べて約2倍にしてあるんだとか。
最高級の大豆で2倍の濃度で作る豆腐なんだから、美味いに決まってるでしょ。
しかも、できたてほやほやなので、いきなり湯豆腐を頂いてるようなもの。
こんなの初体験、でもって大満足。

さて、当然これで終わりではなく、このあとも次々と料理が登場します。
ただ、前回もお伝えしたとおりお品書きがないため、ここからは写真中心で進めます。

08

えび天のころものサクサク感は最高でした。
こちらも先程と同じ、通詞島の塩で頂きます。

09

上に乗っかってるハート形は何だったっけな?
う~ん、思い出せない。。。

10

締めに出てきたのは、鹿児島県特産の黒米を豆乳仕立ての雑炊風で。
薬膳料理にも使われるお米だそうで、最初から最後までヘルシーなのが嬉しいですね。

11

デザートはこれまた上品で華やかなプレートです。
一見量が多そうに見えますが、実は全然大丈夫。

ホントに満足できました。
若い方には物足りないかもしれませんが、僕にはこれで十分。
結構お腹いっぱいになるし、なのにヘルシーなのがいい。

ある意味、薬膳料理ですよね。
また来ようっと。
次に来た時はちゃんとお品書きを聞いてメモっときます。
っていうか、書いたものを貰えるといいんだけどね。

諫早 豆腐料理 「秋津島」 のオリジナルサイトはこちら。

|

« 秋津島 ~ おしゃれな豆腐懐石を頂きます | トップページ | シンガポール・エアショーより ~ 前編 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

VIVA!長崎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118319/58595446

この記事へのトラックバック一覧です: 秋津島 ~ おしゃれな豆腐懐石を ~ (続き):

« 秋津島 ~ おしゃれな豆腐懐石を頂きます | トップページ | シンガポール・エアショーより ~ 前編 »