« シンガポール・スリング発祥の地より | トップページ | シンガポールを 「さるく」① ~ まずは腹ごしらえ »

2014年5月17日 (土)

陸上自衛隊明野駐屯地より

久々に自衛隊訪問記をお届けします。

今回行ってきたのは、陸上自衛隊明野駐屯地です。
ここに所在するメイン部隊は、

陸上自衛隊航空学校

です。

01

明野駐屯地は三重県伊勢市に所在しています。
伊勢神宮からだと車で約20分くらい。
なので、隊舎の入口にはしめ縄が飾ってありました。

伊勢志摩では一年を通してしめ縄を飾る風習があるんだそうです。

さて、ここ航空学校は陸上自衛隊が保有する航空機、つまりヘリコプターのパイロットを育成する学校です。

04_2

現在、陸上自衛隊が装備しているヘリコプターは7機種。

OH-6D(観測ヘリコプター) : 丸っこいボディが特徴
OH-1(観測ヘリコプター) : OH-6の後継機、逆にスリムボディ
UH-1J(多用途ヘリコプター):ヘリボン、輸送等陸自の主力ヘリ
UH-60JA(多用途ヘリコプター):UH-1の後継機
AH-1S(対戦車ヘリコプター):通称「コブラ」
AH-64D(戦闘ヘリ):通称「アパッチ」、コブラの後継機?
CH-47J:大型のタンデムローター式ヘリコプター、通称「チヌーク」

当然、ここには全機種揃っています。
そしてさらに、ここにしかないヘリコプターが1機種あります。

05

上の写真の左端にある青いヘリコプターがそれです。

僕も初めて見ました。
格納庫に同じ機種が並んでいたので、近くまで行ってみます。

06

TH-480Bという機種で、練習ヘリコプターです。

2011年より導入、2013年度より正式に練習機として運用され始めた、陸上自衛隊にとっては最も新しいヘリコプターです。
ちなみに、前の練習機は前述のOH-6Dだったそうです。

このヘリコプターはアメリカのエンストロム・ヘリコプター社という会社の製品。
ベルやシコルスキーといった有名メーカーとは違い、日本ではあまり馴染みのない会社です。

同社は1959年にアメリカ、ミシガン州で創立。
現在販売している機種は3機種と少ないのですが、現在世界18ヵ国で1100機を超えるヘリコプターを送り出しているんだとか。

日本ではエアロファシリティと言う会社が総販売代理店契約を結び販売しているようです。

(同社のサイトはこちら。米国エンストロム社のサイトはこちら。)

ところで、この練習機が導入されるのに併せ、訓練用の操縦シミュレーターも調達され、2012年から運用されています。

09

上の白い箱の中にTH-480Bのコックピットが再現されているんです。
実際中に入って体験させていただきました。

様々なシチュエーションでの操縦訓練をリアルに体験できるのが特徴です。

本来なら部屋の中も含め、もっと詳しく説明したいところなんですが、先方の許可を取っていないため、これ以上は書けません。。。

う~ん、残念。。。

08

という訳で、今回の締めくくりは当日駐屯地の食堂で頂いた昼食の献立でご勘弁を。

03

メインディッシュは天ぷら。
グリンピースご飯にお吸い物の組み合わせ。
なかなかの御馳走です。

これ、我々のための献立ではなく、隊員さんたちが食べる昼食なんですって。

ただちょっと違うのは右上にある見慣れないパック飲料。

「毎日 フルーツミルク」

う~ん、聞いたことないなぁ。

後で調べてわかったこと。
関西を拠点とする「毎日牛乳」、会社名で言うと「日本酪農協同株式会社」が販売している乳飲料でした。
「フルーツミルク」という名のとおり、牛乳にフルーツ果汁を加え飲みやすくしたものです。

何のフルーツが入っているのか調べようとしたんですが、同社のサイトにこの飲料の紹介がないんです。
いや、紹介どころか、商品ラインナップに「フルーツミルク」自体が無いんです。

(えっホント?って疑う方はこちらで確認してみて!)

でも、楽天とかでネット販売はされています。
うーむ、何とも謎に包まれた、恐るべし飲み物、「フルーツミルク」。

まっ、パッケージの絵からリンゴ、みかん、パイナップルが入っているのは容易に想像できるんですけどね。。。(笑)

|

« シンガポール・スリング発祥の地より | トップページ | シンガポールを 「さるく」① ~ まずは腹ごしらえ »

自衛隊訪問記」カテゴリの記事

コメント

美味しそうな昼食です
が、が、チンムーさんにはカロリー過多のような…
気を付けてくださいね(・∀・)ニヤニヤ

投稿: かぴこ | 2014年5月18日 (日) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陸上自衛隊明野駐屯地より:

« シンガポール・スリング発祥の地より | トップページ | シンガポールを 「さるく」① ~ まずは腹ごしらえ »