« パリの街を「さるく」⑤ ~ Inside of 凱旋門 | トップページ | パリの街を「さるく」⑥ ~ モンマルトルの丘 »

2014年8月25日 (月)

パリでの食事③ ~ 日本風中華レストランとは?

パリでの食事 第3弾は、パリの中心で食べられる日本風中華料理のお店です。
日本風中華料理って何?って思う方もいると思います。

外国の食事って、日本人の口に合うとか合わないとかよく言いますよね。
あと、海外へよく行く人の話を聞くと、食事に関しては中華料理を選んでおけば大体ハズレはないよ、って言われます。

とはいえ、日本で食べる庶民的な中華屋さんで食べる料理の味って、本格中華とはちょっと違ってたりしませんか?

そんな一般庶民の中華料理をパリの街で食べられると評判のお店に行ってきました。

場所はオペラ座の近くにありました。

25

実はオペラ座界隈にはたくさんの日本料理店があるんです。
中でもオペラ大通りの東側に位置する「サン・タンヌ通り」は通称「日本料理店街」とも呼ばれ、本格和食からラーメンまでいろんな日本食の店が軒を連ねる一画なんです。

今回行ったお店はその通りではなく、どちらかというとルーブルの近く、サン・ロック教会の裏手の方になります。
そのお店の名前は、

24

「えびす」

あくまでも平仮名で「えびす」です。
決して「恵比寿」ではありません。

庶民的な味を楽しめる中華料理店とはいえ、パリではちゃんとしたレストランでした。
早めの時間だったせいか、最初お客さんは半分くらいでしたが帰る頃には満席。
予約しないと入れないこともあるくらい人気なんだとか。

お店に入り予約の旨を伝えると日本人の女性スタッフがテーブルまで案内してくれました。
店員さんとのコミュニケーションも日本語、当然メニューも日本語、この時点で安心感が溢れてきます。
やっぱ落ち着くわぁ~。

しかも嬉しいことに、日本のビールがちゃんとある。

26

で、今回オーダーしたのは、キリン「一番搾り」
ちゃんとフランスにもあるんですね。

今回製造元を確認するのを忘れてしまったんですが、「KIRIN ICHIBAN」というブランドでヨーロッパ展開しているようで、工場はロシア、イギリス、ドイツにあるみたいです。
パリだと、輸送コスト的に言って一番近いのはドイツなんじゃないでしょうか。

27

お通しとして出てきたのは豆腐、いや胡麻豆腐に近い感じ。
ちょっとピリ辛のソースがかかっていて美味しかったです。

28

お店の店員さんに、お薦めは何?って聞いて出てきたのがこちら。
オマール海老の炒め物です。
オマール海老は大西洋で撮れたものを直送してもらってるそうです。
ただ、結構な値段がするので今回は一皿のみ、ちなみに僕らの人数は10名。
全員分はないので、ジャンケンで。。。
残念ながら僕の口には入らず。。。

29

棒々鶏餃子、まん中はトマトとザーサイの何とか(ちょっと思い出せない。。。)
評判通り、日本で食べる味と全く同じです。
この辺りになると中華居酒屋チックな感もありますが、味の方も間違いありません。
食べてて安心感があります。

30

そして、日本的中華の定番、麻婆豆腐。
期待通りの味です。
山椒もちゃんと効いてるし、ピリ辛ながらしっかりした味がある、まさに日本で食べる麻婆豆腐です。

いやぁ、最初から最後まで僕ら日本人を裏切らないところが素晴らしいと思います。

そうそう、焼酎もありました。
しかもボトルで頼めます。
ちなみに黒霧島のボトル(720ml)で約50ユーロしますが。。。

今回行った10名全員が納得の味でした。
何度も言いますが、僕ら日本人の舌を裏切らない料理を味わえる、「えびす」
パリへ行って日本の味が恋しくなったら是非行ってもらいたい。

ただ、決して安くは無いのでそれなりの覚悟は必要です。
飲んで食べて、一人50ユーロ位かな。
お酒を控えればもっと安くあがると思います、多分ね。。。

|

« パリの街を「さるく」⑤ ~ Inside of 凱旋門 | トップページ | パリの街を「さるく」⑥ ~ モンマルトルの丘 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118319/60161937

この記事へのトラックバック一覧です: パリでの食事③ ~ 日本風中華レストランとは?:

« パリの街を「さるく」⑤ ~ Inside of 凱旋門 | トップページ | パリの街を「さるく」⑥ ~ モンマルトルの丘 »