« パリでの食事② ~ モンマルトルの一押しレストラン | トップページ | パリの街を「さるく」⑤ ~ Inside of 凱旋門 »

2014年8月16日 (土)

パリの街を「さるく」④ ~ いざ凱旋門へ

(その③のつづき)

エネルギー補給も終え、次に僕らが向かった先はシャルル・ドゴール広場
この広場の中央に建つのは、エッフェル塔と並ぶパリを代表するシンボル、そう、

「凱旋門」

です。

前回の記事で書いたとおり、クレベール大通りを北上して向かっています。
なので、通りの先に見えてきた凱旋門の姿は、

23

このように、よく写真とかで見る形とは違って横からの眺めとなります。
この角度からの絵って、なかなか見ませんよね。
工事中の足場がちょっと邪魔ですが、おもしろい絵だと思います。

24

正面の方へと移動していきます。
凱旋門って、想像していた以上に大きいなぁっていう印象です。
ちなみに高さは約50メートル、幅は45メートルなので、15階建ての中層マンション並みの大きさと言うことになります。

門の大きさが中層マンションと同じって考えると、メチャクチャでかい門なんだって改めて実感できません?

25

こちらが正面からの凱旋門です。
この角度で見ると、よく見る凱旋門だなって感じます。
正面からだと結構迫力ありますよ。

この写真、実はちょっと車道にはみ出してカメラを構えているのですが、右車線は後ろから車が来るので本当は危ないのかも。。。
良い子はマネしないでね(笑)。

26

横断歩道を渡ったところでこのような地下へ通じる入口を発見。
フランス語なので何て書いてあるのかは分かりませんが、どうやら広場の中央、つまり凱旋門の真下に通じる道のようです。
たくさんの観光客が進んでいるので、ついて行くことに。

27

思ったより長い通路が続きます。
シャルル・ドゴール広場の下を通っているためだと思いますが、本当に凱旋門の真下まで行けるのでしょうか?

しばらくすると、通路の左側に行列ができていました。
どうやらチケット売り場に並ぶ列のようです。
ここでチケットを買わないとこの先進めないのでしょうか?

チケットの値段は9.5ユーロ
1300円くらいでしょうか。
ちょっと高い気もしますが、せっかくここまできたんだし、買わない選択肢はありません。
カード払いで購入し、先へと進みます。

そして、地上へと続く階段を出た所に飛び込んできたのは、

28

おお~っ、何ということでしょう。
(ビフォーアフターのBGMを想像してください)
いきなり現れた大迫力の凱旋門。
ひとつひとつ異なる彫刻の素晴らしさ。

29

門の真下から見上げると、このような天井になっています。
そして、壁にはびっしりと書かれた文字。
ガイドブックによれば、これはフランス革命からナポレオン一世時代にかけて戦われた128の会戦と、それに参戦した558名の将軍の名前が刻まれているのだそうです。

こんなのがいわゆる交差点のど真ん中に建っているんだって思うと、日本じゃ考えられない光景だし、パリのシンボルって言われるのも納得行きます。

さて、地上に目を戻すと、何やら建物の中へ入れる入口を発見。
えっ、凱旋門って中に入れるの?
しかも、屋上まで登れるの?

いやぁ、知らなかった。
さっき買ったチケットは凱旋門の中へ入るためのチケットだったんですね。
これはとても楽しみ。
先程はエッフェル塔に登ることができなかったので、リベンジのチャンス!

という訳で、次回は凱旋門の内部へと突入します。
お楽しみに。

|

« パリでの食事② ~ モンマルトルの一押しレストラン | トップページ | パリの街を「さるく」⑤ ~ Inside of 凱旋門 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パリの街を「さるく」④ ~ いざ凱旋門へ:

« パリでの食事② ~ モンマルトルの一押しレストラン | トップページ | パリの街を「さるく」⑤ ~ Inside of 凱旋門 »