« 六本木で流し○○○○!? | トップページ | ロンドンを「さるく」② ~ ピカデリー広場へ »

2014年9月29日 (月)

ロンドンを「さるく」① ~ スタートは大英博物館から

つい先日「パリをさるく」シリーズを終えたばかりですが、引き続きロンドン編をお届けしたいと思います。
今回も出張で行って来たんですが、今年に入って海外出張が俄然増えてきました。
シンガポール、パリに続いて3度目の海外です。
今はもう9月の終わりですが、行って来たのは7月中旬。
日本と比べるとロンドンはそれほど暑くなく、過ごしやすく感じました。

それもそのはず、だってロンドンの緯度って北緯51度
日本の最北端といわれる北海道宗谷岬でさえ北緯45度
それよりもさらに北に位置するんだから当然といえば当然ですよね。

ちなみに、前回訪れたパリだって北緯48度あるんです。
夏の日が長い理由もこの辺りにあるのかもしれませんね。

さて、今回のロンドン「さるく」シリーズのスタート地点はこちら。

01

大英博物館

いわずと知れたイギリスを代表する博物館です。
ここに収蔵されている美術品は700万とも800万ともいわれています。
でもって実際に常設展示されているのは15万点なんだとか。
でもって入場料は何と無料!
さすがは大英帝国、何て太っ腹なんでしょう。

02

神殿チックな正面玄関をくぐると、中はこのようなモダンな屋根に覆われた広場になっています。

「グレート・コート」と呼ばれる中庭です。
実は昔はこのような屋根はなかったんだそうです。
2000年の大改修の際に造られたもので、これにより各店事情への行き来がとても楽になったのだとか。
ノーマン・フォスターという、その筋の業界ではとても有名な建築家によるものらしいです。

この日も小雨が降っていたんですが、この屋根がなかったら確かに大変だったかもしれませんね。

15万点の作品を1日で見るのはとても無理。
でもここだけにそんなに時間をかけられない、って無謀なことを考える方のために、絶対外してはならない2ヶ所を紹介します。

まずはなんといってもこれ。

03

「ロゼッタストーン」です。

わざわざ解説するまでもないとは思いますが、

「聞いたことあるフレーズだけど、実際何だっけ?」

って疑問を抱いた方のために、簡単に解説しておきます。
1799年、フランスのナポレオン軍エジプト遠征を行った際、ロゼッタという街で発見した石碑がロゼッタストーンです。

この石碑のどこが貴重なのかというと、この石碑にはほぼ同一の文章が3つの言葉で書かれていることなんです。
その3つの言葉とは、古代エジプト語の神聖文字(ヒエログラフ)と民衆文字(デモティック)、そしてギリシア文字です。
この石碑の発見により古代エジプト文字の解読が一気に進んだといわれており、そのようなことからとても価値のある発見だったといえるのです。

ではなぜこの石碑がフランスではなくロンドンの大英博物館にあるのか、なぜ3つの文字が書かれているのか、等々いろいろ気になるところではありますがここでは省略。
Wikiにもかなり詳しく書かれていますが、僕が見てて参考になったサイトがありますので、こちらを参照していただければと思います。

ロゼッタストーン/日本語訳とその解説 ~ 無限∞空間」
(上記クリックでサイトにジャンプします)

さて、もうひとつの外してはならない場所は、こちらの空間。

04

四方の壁一面に白い彫刻が並んでいる場所です。
これらの彫刻、何だかわかりますか?
さらに正面奥の彫刻に近寄ってみたいと思います。

05

この形、端から中央ほうへだんだんと高くなっています。
どうでしょうか、こういう形の彫刻が納まる場所ってどこでしょう。

正解はこちら。

06

この建物の屋根下の三角の部分です。
そう、この建物は古代ギリシャのパルテノン神殿なんです。

この一角にはパルテノン神殿にあった大理石彫刻が数多く展示してあるスペースなんです。
これらの彫刻は19世紀の初め、オスマン帝国イギリス大使として派遣されたトマス・ブルースという人物によってイギリスへ持ち込まれたとされています。
(当時ギリシャはオスマン帝国の支配下にあった)

実は、ロゼッタストーンもパルテノン神殿の彫刻群も、ある共通の問題を抱えています。
ロゼッタストーンはエジプトから、彫刻群はギリシャからそれぞれ返還せよという勧告を受けているんです。

大英博物館に展示されている美術品の多くは、大英帝国時代に各地から略奪したものだとも言われていて、一部では「泥棒博物館」などと揶揄されているんだとか。
そういう歴史的事情もあり、このような返還問題が現在もくすぶっているんだそうです。
一方で、このように博物館でしっかり管理されているために歴史的価値が保存されているという声もあり、それはそれで正当な意見なのかもしれません。

最後に僕が興味を持った展示をひとつ。

07

この椅子、全て本物の「銃」でできているんです。
展示物の説明によると、「Throne of Weapons(武器の玉座)」というタイトルが付けられており、アフリカ、モザンビークのアーティストによって作られたものだそうです。

モザンビークは1975年にポルトガルから独立しましたが、その後も政権政党と反政府組織の間で17年間という長期にわたって激しい内戦が続きました。
1992年にようやく和平協定が成立し内戦は終結しましたが、国内には大量の武器が残されたままでした。
これらの武器を再び戦争で使われないようにするため、「銃を鍬(すき)に(TAE:Transforming Arms into Plowshares)」というスローガンのもと、農具や自転車などと交換に武器を回収する運動が行われました。
そしてそれらの回収された武器はこのような芸術品へと生まれ変わったのです。

戦争の道具を平和の象徴に変えるというプロジェクト、とっても素晴らしいと思いました。

余談ですが、日本の陸上自衛隊も1993年から2年弱の間、2番目のPKO派遣先として活動したんですよね。
ちなみに、最初のPKO派遣先はどこかというと。。。カンボジアです。

大英博物館はこの他にも古代エジプトのミイラ、アッシリア朝時代の人頭有翼牡牛像をはじめ、日本からは鎧や埴輪なんかも展示してあり見所満載です。
ですが、今回もテーマは「さるく」
約1時間半で大英博物館を後にし、ロンドンの名所をさるき始めます。

でもってこの続きは次回にて。
「さるく」シリーズ、ロンドン編の始まり始まり~ぃ。

|

« 六本木で流し○○○○!? | トップページ | ロンドンを「さるく」② ~ ピカデリー広場へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118319/60389073

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドンを「さるく」① ~ スタートは大英博物館から:

« 六本木で流し○○○○!? | トップページ | ロンドンを「さるく」② ~ ピカデリー広場へ »