« 陸上自衛隊第15旅団総隊5周年記念行事より | トップページ | ロンドンを「さるく」④ ~ バッキンガム宮殿 »

2014年10月24日 (金)

ロンドンを「さるく」③ ~ ザ・マル

(その②のつづき)

腹ごしらえを済ませ、エネルギー満タンになったところで、再びさるき始めます。
ピカデリーサーカスから南へ下って行くと、何やらモニュメントらしきものが見えてきました。

20

そして、通りの中央分離帯が徐々に広がり、やがて立派な彫刻が並ぶ広場となりました。

21

ここはウォータールー・プレイスという一画で、調べて見るとこれらの彫刻は「クリミア戦争記念碑」と呼ばれるものでした。
クリミア半島と言えば、今現在とてもホットな場所。
ロシアとウクライナによる紛争の真っただ中にある地域ですよね。

黒海の北に位置するこの半島は、昔から戦争の部隊になったり、紛争の火種になったりと大変な所だったんですね。

ちなみに、左側の銅像はある女性の像なんですが、クリミア戦争に関係のある有名な女性と言えば誰だか分かりますか?
正解は、「ナイチンゲール」
戦場の看護婦として活躍し、看護婦のことを「白衣の天使」と呼ぶようになったルーツの人であることは有名な話です。

24

先程遠くに見えた柱の上には銅像が立っていました。
僕のガイドブックには載っていませんでしたが、「ヨーク公記念碑」というらしいです。

ここから下りの階段を下りていくと、「THE MALL(ザ・マル)」と呼ばれる大きな直線道路に出てきます。
日本では「Mall」は「モール」と発音することが多いですよね。
でもってモールというと、「イオンモール」に代表される通り、ショッピング街をイメージします。
でも実はその発想は米国的発想であり、英国で「MALL」というと、

「木陰のある遊歩道」

という意味合いになるそうです。(Weblioサイトより)

22

さて、この「ザ・マル」ですが、この道路はセントジェームズパークの北側に位置しており、トラガルファー広場にあるアドミラルティ・アーチから、

23

バッキンガム宮殿を結ぶ約1kmの直線道路です。

もともとは1660年に馬車専用の道として造られたものですが、19世紀後半から20世紀前半にかけ、儀式用の道路として再整備されました。
現在でも王室行事や国家行事等に使われています。
記憶に新しいところでは2011年のウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式パレードでしょうか。
僕もテレビで見ましたけど、あれ、たぶん生中継じゃ無かったかなぁ。

25

道の両側に立っている柱ですが、よくみると街頭ではなく旗ポールのようです。
柱のてっぺんには王冠のようなものが乗っかっていて、この道路自体が何となく高貴な雰囲気に感じられてきました。

ここから北東方向へ進んでアドミラルティ・アーチへ行こうか、それとも南西方向に進んで
バッキンガム宮殿へ進むか。
ここは迷わずバッキンガム宮殿でしょ、ネッ。

ということで、次回はバッキンガム宮殿へ接近遭遇です。
お楽しみに。

|

« 陸上自衛隊第15旅団総隊5周年記念行事より | トップページ | ロンドンを「さるく」④ ~ バッキンガム宮殿 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

そろそろワインバーの報告があるかと思ってましたが…引っ張りますね(笑)
でも、バッキンガム宮殿も楽しみです(◎´∀`)ノ

投稿: かぴこ | 2014年10月28日 (火) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118319/60466357

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドンを「さるく」③ ~ ザ・マル:

« 陸上自衛隊第15旅団総隊5周年記念行事より | トップページ | ロンドンを「さるく」④ ~ バッキンガム宮殿 »