« 亀田の柿ピー ~ 有村架純開発部長? | トップページ | 札幌ラーメンの新風? ~ 「久楽(くら)」 »

2015年4月29日 (水)

HB ~ 鉛筆じゃなくて、ビアホールの名前です

さて、いきなりですが、今回はミュンヘンにあるビアホールのお話です。

ミュンヘンと言えば、やっぱビールでしょう。

「♪ミュ~ンヘ~ン、サッポロ~、ミールーウォ~キィ~~♪」

なんてコマーシャルソングもあったしね。
(これ、口ずさむことができる人、かなり古いっすよ。。。(^_^;))

ミュンヘンはドイツの南部、バイエルン州の州都。
人口140万人はドイツで3番目に人口の多い都市。
ドイツでは南に位置するも、アルプス山脈に近い高地であることから、夏は涼しく、冬は寒い気候です。

昨年7月、そして今年2月と2回にわたって行ってきましたが、北海道と同じ緯度ということもあってか、気候も似ていると感じました。ただ、冬は豪雪地帯になるという訳ではなく、札幌や旭川というよりは帯広に近いと感じました。

Hb01

ミュンヘンの中心地、マリエン広場にある、この立派な建物は「新市庁舎」
ここの仕掛け時計は必見、とのことですが残念ながら僕はまだ拝めてません。
聖金曜日と諸聖人の日を除く毎日11:00、12:00から約10分間、華麗なダンスや演奏で楽しませてくれるみたいです。

で、このマリエン広場からほど近い場所にあるビアホールに行ってきました。

Hb02

「HOFBRAUHAUS(ホフブロイハウス)」、通称「HB」。

ミュンヘンに数多(あまた)あるビアホールの中で、最も有名で観光客に人気のあるのがこの「HB」なんです。

創業は、何と1589年。
当時のバイエルン公、ウィルヘルム5世の命により、宮廷のための醸造所として設立されたのだとか。
由緒正しい、歴史的にも興味深いビアホールなんです。

Hb03

さて、入口を入ると目の前にいきなりだだっ広い空間が広がります。
1階ホールは基本的に自由席。
特に案内も無く、空いているテーブルを探して適当に座ればそこからスタート。

ブロックごとにウエイターさんが決まっているみたいで、席に着くとまもなくウエイターが注文を取りにやってきます。
メニューはドイツ語版と英語版があり、両方持ってきてくれました。
もちろん、英語版を解読しながら注文します。

もちろん最初に注文するのは何をおいてもビール!
まずは、無難なところから攻めようと言うことで、「オリジナル・ラガー」を注文。

Hb04

やって来ました。
大ジョッキサイズは迫力の1リットル。
っていうか、このサイズしかないんです。
これで8ユーロ。
レートによりますが、値頃感としては日本と変わらない感じでしょうか。

ドイツはビールを常温で飲む、なんていう噂を聞いたことあったんですが、そんなことはありません。
夏場はちゃんと冷えた状態で持ってきてくれます。
冬場は外気が氷点下なので、わざわざ冷やす必要が無いってことなんです。
「常温」=「なまぬるい」というのは、間違った解釈だったんですね。

Hb06

ドイツでビールのお供と言えば、上の2つは外せませんよね。
「アイスバイン」と「ソーセージ」
ちょっと大きさが分かりづらいかもしれませんが、かなり大きいんです。
ドイツ人は一人で食べるのかもしれませんが、僕たち日本人の場合、この2皿を3人くらいで食べる感じじゃないでしょうか。

そして忘れちゃいけないのが、ソーセージの下に敷いてある付け合わせ。

そう、「ザワークラウト」です。

本場ドイツで食べるザワークラウトは、ほどよい酸味が効いていてとっても美味しい。
滞在中、野菜不足になりがちな僕らにとってはとてもGoodな付け合わせ。
こちらも一度食べ出したら止まらない一品です。

Hb05

ところで、店内ではこのように音楽の生演奏を楽しむことができます。
演奏している曲名は分かりませんが、いわゆるビアホールという名前にふさわしい、楽しい楽曲がホールに鳴り響いていました。
こういう生演奏を聞きながらビールを飲んでいると、ここはドイツなんだなぁって実感できます。

さて、2杯目は違う種類のビールを注文しましょう。

Hb08

ちょっと色が濃く見えますが、ミュンヘンに来たら一度は飲んでおきたい、「ヴァイスビール」。
「白ビール」とも言われていて、爽やかで口当たりがよく、とても飲みやすいビールです。

そして、「ヴァイスビール」と一緒に食べたいのがこちら。

Hb07

ミュンヘン名物、「白ソーセージ」

思ったより大きい。
なるほど、地元では朝食に出てくるって聞いていたけど、油で炒めるのではなく、茹でるタイプなんだ。
こちらの方がヘルシーだね、確かに。
後で調べてわかったんだけど、正確には茹でるのではなく、熱湯に浸すのだそうです。
大体10分くらい浸したくらいが食べごろなんだって。
なので、こんな器に入って出されるんですね。

ところでこの白ソーセージ、食べ方にも特徴があります。
皮が結構分厚いため、この皮は食べません。
器からソーセージを取り出すと、まずナイフで縦にスーッと切り、皮を剥がして中味を食べるんだとか。
本場では甘いマスタードで食べるのだそうですが、個人的には普通の粒マスタードの方が好きです。
食感はとってもふわふわ、若干酸味の効いたスパイスが入っているためか、さっぱりとした味です。
確かに、朝食向きのソーセージなんだなってよくわかりました。

ヴァイスビールに白ソーセージ、日本ではなかなか食す機会もないと思うので、ドイツ南部へ行った際は、絶対食すべし!ですよ。

ということで、ミュンヘンを代表するビアホール、

「HOFBRAUHAUS(ホフブロイハウス)」

でした。(上記クリックでサイトへジャンプします)

|

« 亀田の柿ピー ~ 有村架純開発部長? | トップページ | 札幌ラーメンの新風? ~ 「久楽(くら)」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

あ~ん、あ~ん、ビール飲みたいよ~sign03
白ソーセージも粒マスタードで食べたいよ~sign03
糖質制限により禁ビール中のワタシにはまたまた目の毒なブログです(>_<)
どうして、目の毒ブログが続くのでしょうか…(笑)
でも、ホント美味しそう。
老後の参考にさせていただきます。ありがとー(*≧m≦*)


HBをBHと見間違えて、「今回は自転車ネタか?」と勘違いしたワタシは絶賛老眼進行中ですwww

投稿: かぴこ | 2015年4月29日 (水) 13時36分

チンムー兄さんは、本当に食レポが上手!
かぴこ姉と同じく、私も呑み食べたくなりました。
しかし、いきなりの大ジョッキ!
実は私、大ジョッキで飲んだことないのよね。
中ジョッキのおかわりと変わんないかw

投稿: みど | 2015年5月 3日 (日) 05時27分

参考までに…
みどちゃん、中ジョッキおかわりで終わりそうなこと書いてますが、それじゃ終わらないオンナですw
そのあたり、誤解なきようよろしくお願いいたしますhappy02

投稿: かぴこ | 2015年5月 4日 (月) 13時56分

かぴこchan!
ナイスツッコミ!
君ら二人で漫才できるんちゃう?

みどchan!
今も焼酎ロックで飲んどるんちゃうか?

投稿: チンムー | 2015年5月 4日 (月) 21時31分

そういえば、日本にもHBのデカジョッキビールを飲める店があるんですよ。
東京丸の内、「カイザーホフ」というお店です。
さっそく行ってきました。ミュンヘンで飲んだビールを思い出しました。

http://www.eyema-ent.co.jp/shop/shop02.html

気になった方は上のリンクをクリック!

投稿: チンムー | 2016年11月 7日 (月) 13時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118319/61430609

この記事へのトラックバック一覧です: HB ~ 鉛筆じゃなくて、ビアホールの名前です:

« 亀田の柿ピー ~ 有村架純開発部長? | トップページ | 札幌ラーメンの新風? ~ 「久楽(くら)」 »