« HB ~ 鉛筆じゃなくて、ビアホールの名前です | トップページ | 店は小さくとも蕎麦は存在感あり ~ みよし »

2015年5月 3日 (日)

札幌ラーメンの新風? ~ 「久楽(くら)」

先日、久々に札幌へ行ってきました。
もちろん出張で。

同期入社の友人が札幌支社長をやっているんですが、その彼が今札幌で一押し(?)のラーメン店に連れて行ってくれました。
場所はというと、札幌駅南口から約7分、地下鉄さっぽろ駅22番出口からだと2分。

で、たどり着いたお店がこちら。

01

「久楽」と書いて、「くら」と読みます。
お店の名前を正確に言うと、

「北海道らーめん奥原流 久楽 本店」

なんだそうです。
店構えは、一見オシャレな和食系のお店な雰囲気。

店内に入ると、若い女性の店員さんが元気よく迎えてくれます。
店内も広々としていて、綺麗です。

02

座席はというと、カウンター席の他にテーブル席、それと小上がりの座敷が4つだったか5つだったかあり、全部で58席とかなり多めの席数です。

この席の多さと、店内の広さからすると、やはりラーメン店というよりは居酒屋的な雰囲気が漂うのですが、メニューを見て納得。

おつまみとドリンクメニューが充実しているんです。
そう、この辺りは札幌オフィス街の中心地
昼はサラリーマンのためのラーメン店として、そして夜は仕事帰りに軽く飲んでラーメンで〆るのにいいんだそうです。
ちなみに支社長はもっぱらラーメン店として利用しているようですが。。。

ところで、久楽のお薦めラーメンは、札幌ならではの「味噌」。
なんでも、「奥原流4大完熟味噌」が売りとのこと。
その4大味噌とは、白味噌赤味噌合わせ味噌、そして辛味噌

いずれも創始者であるご主人がいろいろと試作を重ねた結果たどりついた味らしく、どれも自信を持ってお薦めします、だって。
メニューには塩ラーメンや醤油ラーメンもあったんですが、そこまで言われちゃ味噌を注文するしかないでしょってことで、今回は「合わせ味噌」をオーダー。

待つこと約10分、やってきたのがこちら。

04

第一印象、これはかなり濃厚な感じに仕上がっているようです。
チャーシューは1枚ですが、この大きさならインパクト十分。
緑色の野菜は春菊でしょうか。
アクセントとして見た目にもGoodでいいと思います。

メニューの説明によると、

「コクの有る甘味を持つ白味噌とキレの有る香り高き赤味噌の特徴を損なうことなく、絶妙なバランスで合わせあせらずゆっくり熟成させました。
合わせ味噌ならではの奥行きの有る渾身の1杯です。」


なんだそうです。
もうちょっと接近してみましょう。

05

このスープの色は、合わせ味噌から出る色なんですね。
チャーシューの下には炒め野菜(もやし、人参、ネギかな?)がトッピングされているみたいです。
チャーシューは大きいんですが、厚み的にはもうちょっと頑張ってほしいかな。

とにかくまずはいつものようにスープからいただきましょう。

おぉ、これは見た目通りのクリーミィさ。
天下一品には及びませんが、このトロッと感はかなりのものです。
スープをすくった時に、湯気とともにいい香りが漂ってきます。
味も最初からインパクトあります。
味噌の場合、最初の一口は美味しいんですが、どうしても最後の方でしつこくなってしまいがち。
今回の場合も、その傾向は若干あるものの、合わせ味噌のまろやかさと香りがその感覚を最小限に抑えてくれているのかなって感じました。

今回このお店は初めてなので、白味噌、赤味噌は戴いていませんが、ご主人のこだわりからして、また全然違うインパクトを持っているのかもしれませんね。

06

麺の方は、札幌ラーメン特有の中太ちぢれ麺。
スープがトロトロなので、この太さでもスープがしっかり絡んできます。

最後まで美味しくいただきました。
あっさり系が好きな人にはお薦めしませんが、僕的には好きな味でした。
今度来た時には、赤味噌もしくは辛味噌にチャレンジしてみたいと思います。

最後に、メニューの片隅に記載されていた、ご主人の「奥原流」ラーメンにかける熱い思いを掲載させていただきます。

03

えっ?ご主人って沖縄出身なんですか?
味の修業を重ねながら、北海道に辿り着いたんですね。
きっとご苦労されたんでしょうね。

えっ?余計な御世話だって?
確かにそうですね。失礼いたしました。

北海道らーめん奥原流 久楽 本店
昼総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:ラーメン | さっぽろ駅(札幌市営)大通駅西4丁目駅

|

« HB ~ 鉛筆じゃなくて、ビアホールの名前です | トップページ | 店は小さくとも蕎麦は存在感あり ~ みよし »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

食べ物、続きますねぇhappy01

すすきののラーメン屋さんは、結構行きましたが、
北2以北は、全くもって未開拓。
さすが、兄さん(って…なにw)の同期だけあって美味しいモノには一家言ありそうで、案内されたお店も美味しそう。
お腹がなりましたw

鍛高譚ロックでべろべろに酔って、〆に赤味噌を食べている妄想に駆られましたよ!
赤味噌のレポも心からお待ち申し上げておりますlovely

投稿: かぴこ | 2015年5月 4日 (月) 13時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118319/61514599

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌ラーメンの新風? ~ 「久楽(くら)」:

« HB ~ 鉛筆じゃなくて、ビアホールの名前です | トップページ | 店は小さくとも蕎麦は存在感あり ~ みよし »