« 2020年7月 | トップページ

2020年9月18日 (金)

那須グルメレポート ~森商店~

 最近はコロナ禍の影響か自炊が増え、料理レシピの記事が多かったのですが、久々に近所のラーメン店を訪れたので紹介したいと思います。

「森商店」という、何だか飲食店らしくない名前なんですが、これ、この近所ではなかなか評判のラーメン店なんです。

那須塩原駅から車で3,4分くらい、那須72ゴルフセンターの道を左に曲がった奥にひっそりと佇む一軒家です。かなり分かりづらい場所なのでナビを頼りにしないとたどり着けないと思います。

Dsc_0228

若い夫婦で経営しているのでしょうか。入り口を入ると奥様らしき方が出迎えてくれました。厨房にいらっしゃるのはおそらく旦那さんでしょう。
他に店員はいないようですし、若い夫婦で経営しているのでしょうか。アットホームな雰囲気が好印象です。

このお店、何でも「黄金の中華そば」という売り文句なのだそう。基本の中華そばをベースに、ネギ、チャーシュー、黒醤油等アレンジメニューが7種類ほどありました。

とりあえず定番おすすめの中華そばを注文。しばらく待ち、ラーメン到着。

Dsc_0232

なるほど、透き通った黄金色のスープにネギ、メンマ、チャーシュー、海苔とオーソドックスなラーメンです。

鶏白湯系のスープかなと思いましたが、丸鶏と豚骨からとったスープに小麦から作った白醤油を加えたもののようです。見た目よりは出汁の効いたしっかりした味に仕上がっていると思いました。

麺は中細麺で、黄金スープが程よくからまり、するするっと入っていくのどごしのよい印象。

全体的にバランスの良い上品なラーメンだと思います。

分かりにくい立地の上、これで850円と地方にしてはなかなか強気な価格設定ですが、それだけ自信を持っているということなのでしょう。
食べログの評価もまずまずだし、一度試してみる価値はあると思います。

 


関連ランキング:ラーメン | 那須塩原駅

 

| | コメント (0)

2020年9月16日 (水)

レシピ・バックアップノート(12) ~鶏肉と甘唐辛子の甘辛炒め~

 先日近所の農産物直売所に行った際、ピーマンと同じコーナーに大量の甘唐辛子が売られていました。30本以上はあるでしょうか、ビニール袋にパンパンに詰められた甘唐辛子がたったの80円。初めて買う食材ですが、甘い唐辛子ってどんな味なのか気になったので買ってみることにしました。

冷蔵庫に鶏ムネ肉があったので、これと合わせて甘辛く炒めてみることにします。

材料:約1人分

鶏ムネ肉      1/2枚
甘唐辛子      10本~15本
玉ねぎ       1/4個

(A)
  しょうゆ     大さじ1
  みりん      大さじ1
  砂糖       大さじ1/2程度
  片栗粉      大さじ1程度
  塩こしょう    少々

サラダ油      大さじ1
塩こしょう     少々

作り方:

①鶏ムネ肉を一口大くらいにカットする。玉ねぎは薄切りに、甘唐辛子はそのままでかまいませんが、大きいものは半分にカットしてもよいでしょう。

②ビニール袋に鶏肉と(A)の調味料を入れ、よく揉みこんだあと、冷蔵庫で30分ほど寝かせておく。

③フライパンに油をひき、鶏肉を中火で炒めます。鶏肉にやや火が通ってきたところで、玉ねぎを投入、さらに玉ねぎの色が変わり始めたあたりで甘唐辛子を投入します。

④唐辛子がややしんなりしたところで味見をします。お好みで塩こしょうで味を調えたら火を止め、お皿に盛り付け完成です。

Dsc_0289-2

メモ:

 甘唐辛子といっても、甘いわけではなく辛みがほとんどないということなんですね。それでもほんの少しピリッとした感覚がありました。鶏肉を漬け込む時に砂糖を入れたので、最終的に甘辛のバランスが絶妙に取れていると思います。みりんの照りも加わって、見た目もおいしそうですよね。我ながら上出来だと思います。

 今の時期にしか出回らない甘唐辛子です。ビタミンも豊富で、カプサイシンも入っているので脂肪燃焼や血行促進も期待できます。鶏ムネ肉と合わせることでとってもヘルシーな一品になりました。是非作ってみてください。

| | コメント (0)

2020年9月 9日 (水)

那須グルメレポート ~ヒカリノカフェ 蜂巣小珈琲店~

 那須グルメレポートの第一弾は大田原市にある「ヒカリノカフェ 蜂巣小珈琲店」です。栃木県大田原市は那須与一や唐辛子で有名なんですが、実は最近コーヒーでも町おこしをしているんです。ここ数年でおしゃれなカフェが次々オープンしていて、直近でいうと昨年7月、インスタ映えするパンケーキで有名な「雪ノ下」が大田原市内にオープンしました。
また、一昨年よりコーヒーをテーマにしたイベントも開催されています。さすがに今年の開催はないみたいですが。いずれにしても市内には結構喫茶店が多いなぁという印象を感じます。

 さて本題、今回取り上げるのは「ヒカリノカフェ 蜂巣小珈琲店」というお店。名前でお分かりかと思いますが、廃校になった小学校をリノベーションしたカフェです。2016年にオープン以来、結構人気のカフェなんです。休日は予約がないと入れないんじゃないでしょうか。
 今回はもちろん事前予約、ランチで伺いました。車で、しかもナビがないとまずたどり着けないと思います。

 小学校(?)の門をくぐると、目の前にかわいらしい平屋建ての木造校舎が現れます。駐車場(校庭)に車を止め、中央の入り口を入ると、そこはレトロでおしゃれなゆったりとした空間が広がっています。

Dsc_0256

Dsc_0255

 ランチメニューは2種類でどちらも1500円、ダブルサンドイッチプレート、ランチプレートのどちらかを選択、さらにサンドイッチ、あるいはランチプレートのメイン料理は2、3種類の中から選ぶことができますが、今回は時間が遅かったせいか、いずれも1種類のみしか選べませんでした。で、私がチョイスしたのはランチプレート、メインは夏野菜のスープカレー&ナンでした。

Dsc_0248

 しばらくしてやってきました。結構なボリュームです。あれっ、サラダがビーカーに入ってる。なるほど小学校の面影を感じさせる粋な演出です。カレーは結構スパイシーでコクがあります。あったかいナンをつけて食べるとこれがまたいい感じ。

 さらにデザート、こちらもケーキやアイスの他数種類の中から選べるのですが、今回はチーズケーキを選択。ミントとベリーソースがいいアクセントになっています。そして、自家焙煎のオリジナルコーヒーがメチャメチャ美味しい。さすがカフェだけあって、コーヒーにはかなりのこだわりが感じられました。

Dsc_0251

 カフェスペース以外では当時の小学校の面影を感じることができる教室や廊下がそのまま保存されていて、自由に見学できました。昭和にタイムスリップしたような感覚を味わうことができます。

Dsc_0244

Dsc_0243

 というわけで、ヒカリノカフェ蜂巣小珈琲店、気になった方は是非行ってみてください。心身ともにリフレッシュできる素敵な空間でしたよ。

http://www.hikarinocafe.com/hachisu/

| | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ